英語学習

英語のハノン初級の独学に挫折しているのでその本質を掘り下げてもう一度再開したい

2022年1月より英語のハノンを開始して5ヶ月が経過しました。

現在の状況はと言いますと、新型コロナワクチンの接種で体調不良になった後、学習をストップしています。

何故英語のハノンをやめてしまったのか?

その原因は「学習意欲の低下」の一言に尽きます。

では、どうしてそうなったのか?

もう一度英語のハノンを再開するために、何故「学習意欲の低下」が起きたのか、掘り下げます。

何のために英語を勉強しているのか?

英語ができるようになりたい。

抽象的で、ざっくりしすぎています。

自分なりにもう少し具体的にした結果が、「TOEIC760」というものでした。

じゃあ、TOEIC760を取得した後に、どうしたいのか?

英語の歌を聞き取れるようになりたい、とか英語で映画を楽しみたい、英文を読めるようになりたい、それらはパッと出てきました。

洋楽はよく聞きますが、歌詞がなくてもリズムで楽しめています。

映画については普段海外に興味があるわけではないし、映画なんて1年に1回映画館に行くくらい。ネトフリやアマプラにも入っていません。

英語の文章は読めるようになりたいですが、具体的に何を読みたいのかがはっきりしていません。

そういったことを考えた時に学習意欲が低下しました。

英語はお金になるのか?

転職するのに英語は有利なのかもしれません。

英語に関係ない仕事を現在しているので、TOEIC 760を取ったところで「自己啓発」にしかならないでしょう。

しかし、お金のため、というのなら何も英語でなくてもいいのではないか。

ITだとか株だとか。

そして自分自身、英語よりもそちらの方が興味があることに気づきました。

優先順位が

お金>英語

だということに気づきました。

ここでも、学習意欲が低下しました。

年齢の問題

自分はもう40代です。

世の中の成功物語には「年齢なんて関係ない。最後まで諦めなければ云々」といった話がよくあります。

頭では理解できますが、実際に自分が「やる」と決めた事柄ですら挫折しています。

凡人にとって継続することは困難なのです。

そのために様々な工夫があり、それを実行すればよいのですが、「10年前だったら」などどよく思います。

年齢の所為にしてしまう自分がいます。

効果がなかなか感じられない

英語のハノンを1日15分、通勤時間帯にやっています。

約4ヶ月ではそんなに一気に成長するはずもなく。

まだ一周もしていないのに、効果が出るはずもなく。

絶対的に学習量が足りていない。

それでもある程度結果を求めてしまっています。

他人と比べてしまう

スタディサプリで記録を取っています。

同じ教材を使用している人の様子も見られる機能で、その圧倒的な差に打ちのめされてしまいました。

元々英語ができる人が英語のハノンをやっているのだから、サクサク進むのは当たり前です。

Twitterにもたくさんいて、もう嫌になっちゃいます。

すごいな、自分も頑張ろう、そう思えれば良いのですが、なかなか、ね。

そんな簡単なわけがない

そう、英語ができるようになる人が少ないのは、こういった思いを持つ人が多いから。

できる人はこういった思いを乗り越えてきた人なのでしょう。

または、言語に強い興味があって苦じゃない、英語を話せないと生きていけない、楽しくて仕方がない。などなど。

どちらにしても、ある一定の量を、分水嶺を超える必要があるはず。

そこまでの道のりがあまりにも見えなさ過ぎて、挫折しています。

 

 

 

 

ABOUT ME
sunny
サニー英語独学レポートブログ「サニレポ」運営者。TOEIC730点を目指す。2020年11月初受験は330。 詳しいプロフィールは → コチラ