校閲の鬼のキーワード選定指南を受けたら表示回数が100倍以上になった話

スポンサーリンク

 

校閲の鬼・瀬戸内ことりさんのキーワード選定指南を受けました。

鬼のように厳しく、愛のある指導を受けた結果、とある記事の表示回数は100倍以上に(その後241倍に)。

サーチコンソールで調べた掲載の順位は20位から10.7位へ上昇。その後7.8位まで上がりました。

そしてGoogle検索の結果に「1語キーワード」で1P目に入ることが出来ました。

 

 

僕自身がブログを書いている目的の一つはプロフィールにも書いてありますが、「自分が知っている情報は、ほかの誰かの役に立つかもしれない」という思いがあるため。

せっかく書いたのであれば、誰かに読んでもらいたいです。

キーワード選定だけでどれだけ変わるのか?という興味もあって応募させて頂いたのですが、本当に感謝しかありません。

本当にきめ細やかに、丁寧に教えてくださいました。

それでは僕が受けたキーワード指南の様子と感想を書いていきます。

 

瀬戸内ことりさんってどんな人?

 

まず最初に瀬戸内ことりさんってどんな人かを紹介します。

 

 

 

 

 

 

実際にお会いしたことは無いのですが、ツイッターの発言から僕はとても丁寧で淑女な印象を受けました。

特にwinをもらったらwinで返す僕が周囲のカッコいい人達(バンドマンやセレクトショップの店長)から学んだことと同じで、親近感も湧いていました。

キーワード選定指南はTwitterのDMでやりとりをしている最中「なんで無料でここまでしてくれるんだろう?」と恐縮するレベルでした。

 

スポンサーリンク

答えはサーチコンソールとクエリの中に

 

まず最初に ネタが無限に見つかるフィールドとキーワード選定の具体的な方法をわかりやすくまとめました の中にある【第2章】読まれる記事にするために。キーワード選定の具体的な方法を読みました。

 

この記事でお話しすることは基礎中の基礎です。

しかしながら、趣味ブロガーさんの中にはご存じない方が多い印象。

人に読まれる可能性を秘めた良質な記事たちを日の当たる場所へ。

〇〇されるキーワードを〇〇〇〇に〇〇〇だけでかなう場合が多々あることをぜひ知ってほしい・・・そんな思いで書きました。

2018年6月30日に実施したTwitterフォロワー様1,000人感謝企画。このとき『キーワード選定指南』にご応募くださった方にはこの記事のみ無料で開放しています。

 

具体的に自分の記事でやってみると理解度がものすごかったです。

結果として、記事の内容をそのまま実践して頂くカタチになりました。

Twitterを通して言葉を交わしていると、「あぁコレ記事に書いてあったことそのままだな」と強く感じました。

「キーワード選定」というテーマに対して写真や事例、実際にツールを使ってのアドバイス、わかり易い文章で実際にコチラが行動するように上手に誘導してもらった印象。

正直、「ここまでやってくれるのだからコチラもやらなければ失礼だ!」という気持ちに。

教え上手の瀬戸内ことりさん。

 

具体的な効果と数字

 

キーワード選定指南を受ける前の該当記事のサーチコンソールの数字は

リライト前

  • クリック数:0
  • 表示回数 :1
  • CTR   :0%
  • 掲載順位 :24.0

 

リライト後

  • クリック数:1
  • 表示回数 :103
  • CTR   :0.97%
  • 掲載順位 :9.7

 

リライト後2週間

  • クリック数:11
  • 表示回数 :244
  • CTR   :4.51%
  • 掲載順位 :7.8%

 

劇的に数字が改善されました…。驚きと感謝しかありません。

今後どうなるかは正直わかりません。

しかし0だったものが1になり、11になったこの経験は、1つの成功体験。

同じ方法で他の記事も上がるかどうかもわかりませんが、少なくともチャレンジする価値がある確信をもてました。

 

繰り返しになりますが、具体的なやり方に関しては瀬戸内ことりさんの記事に書いてありますのでご参考にしてくださいませ。

【第2章】読まれる記事にするために。キーワード選定の具体的な方法

 

スポンサーリンク

キーワード選定指南を受けた感想

 

  • キーワードの選び方を具体的に学べた
  • 他の記事にも生かせる基本が身についた
  • サーチコンソールの使い方を知ることが出来た
  • 実際に数字が改善されたことでやる気がでた

 

本やネットに載っている情報を「読んで理解したつもり」になっていたことが多々ありました。

実際に自分の手を動かすこと=行動することで、本当にしっかりと理解できました。

どうして瀬戸内ことりさんの教え方だと行動できたのか?と考えてみました。

 

  1. 具体的な手順がしっかり書いてあったので挫折しなかった
  2. 記事内容と重複している部分でも向き合ってくれた
  3. やり取りの中で「次はコレ」とすぐできることを書いてくれていた

 

「キーワードの選び方」というゴールがあって、そこへ向かうまでの道のりを丁寧にガイドしてくれました。

この授業を受けていなかったらサーチコンソールの使い方はなんとなーくわかっていただけで、実際のリライトはしていなかったと思います。(現にそれまでしていなかった。)

今回は実際に数字が改善されたことでとても自信がつきました。

もちろん全部が全部うまく行くとは限りませんが、どんな文章でも改善の余地はあります。

 

瀬戸内ことりさん、ありがとうございました!

 

是非瀬戸内ことりさんのブログを読んでくださいませ!

>> 瀬戸内ことりの鬼校閲手帳(BLOG)

>> 【校閲さんの文章術】

>> ネタが無限に見つかるフィールドとキーワード選定の具体的な方法をわかりやすくまとめました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「情報を集めることが大好き」なレポーターのサニーです。 「岐阜」「趣味」「働き方」「ライフスタイル」をテーマに情報を発信しています。 詳しいプロフィールは → コチラ
   data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください