【書評】 プロ・ブロガーの必ず結果が出るアクセスアップテクニック100

スポンサーリンク

「プロ・ブロガーの必ず結果が出るアクセスアップテクニック100」というど真ん中ストレートなタイトルの本をよんだので感想を。

 

何も知らないひよっこブロガーの私サニーが「これは役に立ちそうだな」という箇所を抜粋してみました!

プロブロガーの必ず結果が出るアクセスアップテクニック100

 

図書館で借りてきました。

2013年に出版された本ですので、多少情報は古いかもしれないなぁと。

手に取りましたとりあえず本を開いて、「はじめに」を読んでみると

「アクセスアップ」とうたってはいますが、ただ数字を増やすことをすすめるわけではありません。

~中略~大切なのは、ブログを楽しみながら書く、長く書き続けることです。

プロブロガーの必ず結果が出るアクセスアップテクニック100 「はじめに」より引用

この序文を読んであぁこれはいい本かもしれないと思い、借りて先ずは通して読んでみることにしました。

本書は5つのチャプターによって成り立っています。

 

チャプター1は基本中の基本のことが書いてありますが、そのうちの一つをピックアップしました。

chapter01 何故ブロガーはアクセスを増やしたい?

 P10 筋トレのようにコツコツと書き続けることがアクセスアップの大前提。

これはブログに限らずどんなことでも一緒ですよね。

真理の一つと言ってもいいかもしれません。千里の道も一歩から。3歩進んで2歩下がる。

 

chapter02 作業のサイクルと「型」を意識して書くことを始めよう。

このチャプターは5つのサイクルを扱っています。

  1.  目標を設定
  2.  ネタを探す
  3.  記事を書く
  4.  効果測定
  5.  改善

 

普通の仕事と変わりませんね…。

流石プロ。ビジネス書や自己啓発本で見たことのある文字。

「ブログを書く」ということに変わっているだけで、スポーツならそれが筋トレ、営業なら「契約がとれる会話術!」みたいなものでしょうか。

繰り返しになりますがどんなことも本質は同じなんでしょうね。

 

 P48 「タイトルや記事には正式名称や固有名詞を正確に書く」

当たり前かもしれませんが、思い込みで書いてしまうこともあるかもしれません。

最近の記事ですと

「森、道、市場」

というのが正式名称ですが、

「森道市場」

と「、」を抜いてしまう記事も多々見かけます。

 

 P50 「1,000文字の文章より、1枚の写真で印象に残ることを考える。」

これなんかは「ブログ」ならではの視点ですよね。

私の場合はとにかくiphoneで写真を撮るようになりました。

今まで写真ってあんまり好きじゃなかったんですけれど、後から見返すのも単純に楽しいです。

いい記事を書くために、と言うよりは資料・記録として撮っています

。又、とにかく数をとるようにしています。

実際にブログに使わない写真も多々ありますがそれはそれ。

 

 P52 「記事の完成度よりも[引っかかり]があることを重視する」

twitterやらFBやインスタ等web戦国時代というよりもweb空間戦争とでも呼びましょうか。

ネットは広大だわ、と少佐が言っていましたが勿論プロの方もたくさんおられます。

そんな中でいかに「勝負」するか?

持ってるやつが持ってないやつに勝つ唯一の手段「K.U.F.U」(byライムスター)しかないですね。

私は引っ掛かり=工夫と捕えました。

 

 P56 「イベントレポート記事はそのまでipad miniを使って書く。」

 

なんか新聞記者っぽくて格好いいですね。

アコガレます。ipad mini超欲しい。

 

 P68 「アクセス解析のレポートを毎日見て、変化を知る」

グーグルサーチコンソールとグーグルアとナリティクスを導入してとりあえず毎日見るようにしています。

「グーグルクローム」+「keyconfig」でレポートをすぐに開くことをおススメされています。

こういうのも次回の記事につながりますし、他の誰かの役に立つかもしれませんね。

仕事でもweb担当ですしいい本だなこの本()

 

 P72 「反応の良かったネタや書き方から、自分の[型]を作っていく

まだ記事数が全然少なく、開始して…あ、ちょうど1ヵ月でした今日で。

おめでとう自分。

いやぁ何事も続かなかった自分がまさか…と横道にそれそうですので本題に。

そうそう、この記事で16記事目なので全然わかりません。

「型」別名「癖」または「偏り」「バイアス」どんな言い方でもできますが、要は自分というフィルターを通した記事、文章を書いていけたら、と思います。

30半ばにもなればすでに大分偏っていますし、これからも好き放題書いていきます^^ 正直ブログ書くの楽しいです^^

 

 P76 「自分のブログと似たブログ、違うブログをそれぞれ参考にする」

これはまず同じ「岐阜ブロガー」の方を参考にさせて頂いています。

同じwordpressテーマ「ストーク」を使っている方のデザインや配置も参考に。

有名な「ヒトデ祭り」や「ヨッセンス」さんなど。

あとはgoogleで「related:(自分のブログのURL)」で検索すると、関連性のあるサイトが検索結果に表示されるらしいです。

relatedとは訳すと「関連」という意味らしく。

そんなこともできるんですねグーグル。

ちなみにこのブログのURLでは何も検索結果に表示されませんでした…泣

P80 コラム

ゲーム感覚でブログを極める。

作業環境をとことんまで整備する。

ほかのブログを、とことんまで研究する。

著者の方の「型」の話とでもいうべきでしょうか。

2は「ストーク」のおかげで大分楽です。

書くことに集中できています。

もう少ししたらデザインもいじりたくなるかもしれませんが、現状は満足。

3は「観察」ということでしょうか。

「どこが優れているのか、どこがあまりよくないところなのか?」という分析ともいえるかもしれません。

人のふり見てわがふり直せ。

chapter03 アクセスを底上げするSEOとソーシャルメディア連携

チャプター3・4は本当に「テクニック」といった感じで、非常に参考になるものが多かったです。

基本的な事柄からgoogleサーチコンソール、アナリティクス、キーワードといったことまで。

ただ単に文章を書いてそれが広く読まれればいうことは無いけどそんなこと無い。

よっぽど何かが突出していない限りはそれは無理なので私は地道に続けていくことを第一に

「凡事徹底」を心に決めて。

P84 記事のタイトルの先頭に、最も大事なキーワードを書く。

 

P86 記事本文でも大事なキーワードを最初のほうに書く。

 

P88 セカンドキーワードを意識して書く

 

P90 見出しタグは適切な数、適切な順番で使う。

 

P96 画像タグ(IMG)には必ずALT属性を入力する。

 

P100 記事の分類にはタグではなくカテゴリーを使う

 

P106 「重複コンテンツ」を作ってしまわないように注意する。

 

P132 SEOのトレンドの移り変わりに惑わされず有用な記事を書き続ける

chapter04 目標をクリアするための効果測定と改善

 

P176 オーガニック検索のレポートを参考にカテゴリーを見直す

 

P178 1人あたり1.5本の記事を読んでもらうことを目指して「回遊」の仕掛けを作る

 

P184 よく記事が読まれているキーワードの関連記事を増やす。

 

P208 本当に言いたいことは、最低でも3回は繰り返して書く。

スポンサーリンク

まとめ

著者の方は「プロ・ブロガー」として10年以上活動してきたので、一つ一つの説明に説得力がありました。

日進月歩のweb・ネットの世界ではもう古い情報(ウエブマスターツール)もあったりしましたが、本質的なことや基本的なこともたくさん学べた1冊でした。

最後にもう一度、引用させていただいて今回のレポートを終わらせていただきます。

「本当に大切なことは、やはり書き続けること」

以上 サニレポでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「情報を集めることが大好き」なレポーターのサニーです。 「岐阜」「趣味」「働き方」「ライフスタイル」をテーマに情報を発信しています。 詳しいプロフィールは → コチラ
   data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください