ライブレポート

クラムボン モメントツアー2017@岐阜クラブルーツ ライブレポート

こんにちわ。クラムボンファン歴 約10年のサニーです。

クラムボンのライブ モメントツアー2017 @岐阜クラブルーツへ行ってきました!

2009年に「Re-クラムボン2」というアルバムを買ってからドはまりしてはや8年…。

今回はニューアルバム発表ツアーで、地元岐阜でライブ。

行くしかないだろうという事で行ってきました!

2017年5月も「森、道、市場2017」でライブを見てきたばかりですが、好きなバンドは何度でも見たい!

[kanren postid=”564″]

森、道、市場2017の記事にも簡単ですがクラムボンの記述がありますので、是非よんでみてください。

 

クラムボン モメントツアー2017@岐阜クラブルーツ

 

 

岐阜は6か所目。

今回のツアーは昨年のモメントツアー2016で行けなかったところ中心にまわっているそう。

ありがたやありがたや。

 

 

前売りで買ったので整理番号は40番。

良番です!開場までに間に合えば…最前列で見られるかもしれない!

近くの駐車場に車を止めて、いざ!

 

会場:岐阜クラブルーツ

 

確か初めて岐阜に来た時も岐阜クラブルーツだったと記憶しております。

「は・つ・ぎ・ふ~」という掛け声を今も覚えています^^

場所は岐阜県岐南町のフォーカスポーカスという施設の近く。

岐阜のライブハウスだと割と広めな会場かと。

キャパは350名くらい。

名古屋のクアトロくらいの広さかな?

あ、ちなみに前から2列目で見られました!やったぜ!

 

 

ちょっと会場の様子をパチリ。

ミトさんの足元と大助さんのドラムセット。

昔はミトさんが中央だったんだよなぁ…。

丁度私がファンになった2010年頃から今の立ち位置になったんではなかろうか?

 

 

毎度おなじみ「ノレン」は長良川と金華山!

ちっちゃく岐阜城が描かれていますね!岐阜県民ならすぐわかる!

 

モメントe.p.2

 

 

ツアー会場と販売希望店のみで販売しているミニアルバム2枚。

作り手から直接買い手へと流通するシステム。

この辺りはミトさんもMCで「クラムボン お金」とかで検索してもらえれば、言っていました。

 

ファン目線の話になりますが、会場限定とはいえ直接メンバーと会って、話ができるのはとてもうれしいです。

CDを買って、車のCDプレイヤーに入れて音が出てくるあの時間はなにものにも代えがたい至福の時間…。

今はデータ全盛の時代ですが、CDケースにもものすごく力を入れていたりするので「モノ」としてもずっと持っていたくなります。

サインも書いてもらうと「あの日のライブ」の事がすごく思い出になります。

色々試行錯誤したうえで、クラムボンというバンドが選択した方法に、私は賛成です。

あと単純に新曲5曲どれもめちゃくちゃよかった…。

1曲目のイントロの90’s UKロック感がたまんねぇっす。

これはまた聞き込んで、記事にしたいと思います。

セットリスト

  1. folklore
  2. サラウンド
  3. 蒼海(新曲)
  4. flee (新曲)
  5. 恋わずらい
  6. ララバイサラバイ
  7. KANADE Dance
  8. シカゴ
  9. yet
  10. レーゾンデートル
  11. Slight Slight
  12. 波よせて
  13. タイムライン

[aside]
本編は11 Slight Slight まで。 ENは 12 波よせて から。

[/aside]

いきなりのfolkloreで正直驚き^^

当然のように大合唱で会場の空気はもうすっかりいい雰囲気に。

ゆったりした曲なんですがラストのアレンジが本当狂おしいほど好き。

続いてのサラウンドも安定感のある名曲…。

ミトさんのベースが毎回違う気がするのは私だけでしょうか(笑)

ここでMCが入って、7年ぶりにこの会場だね、とかここ最近の濃密さったらないね、とかのクラムボン節で。

あぁこのギャップも魅力だねぇ…。

グダグダとまでは言わないけれど、距離が近い感じがするのがいいところ。

ゆる~いMCを挟んで、ここから新曲2曲を披露。

ミトさんがGUILDの12弦ギターでコードをかき鳴らす。

それがなんとなくオアシスっぽくてかっこいい!

クラムボンとオアシスかぁ~とか思いながら聞いてました。

次の曲はメロディーが今までのクラムボンに全然ない感じで新鮮でした!

あと大ちゃんのドラムがタイトでかっこよかった!

ドラムだけ聞いてるとロックンロールなんですけど、曲は浮遊感のある不思議な曲でしたね…

この後「懐かしい曲やります」と郁子さんが。

思わず私は「やったぜ」と心の声が出てしまい。

自分ではそんなに大きい声のつもりじゃなかったのですが、思いっきり届いていたようで…(笑)

壇上のメンバーがそれを拾ってくれて、会場にちょっとした笑いが起こったのがうれしかったです( ´∀` )

ここからの流れは本当すごかったです…。

懐かしの「恋わずらい」から会場の空気がどんどん濃密になっていきまして…。

そしてこの後、まさかの「ララバイサラバイ」!

初めて生で聞けて嬉しかったぁ…

そして壮大なスケールを持つこの曲からの「KANADE Dance」!

2011年の国技館のナイトクルージングからの KANADE Danceを思い出しました…

本当いい曲だよなぁKANADE…。

生命力を感じるんだよなぁ…

この曲を初めて聞いたのは「2010」のツアー(@滋賀県酒遊館)の時だったのですが、そのあまりの迫力に鳥肌たったのを覚えています。

インストの曲ですがセットリストに無くてはならない曲になった印象。

そして大ちゃんのドラムイントロ!「シカゴ」のサビの大合唱!

会場の一体感、ホーム感がすごかった!

これだけいい雰囲気のライブってなかなかないですよう^^

いいバンド、いいお客さん、いい曲、いい夜だなぁ・・・

そしてライブの定番曲になりつつある「yet」へ。

歌詞もいいけど楽曲の強度、というか…今思うと「triology」までのクラムボンの集大成の様な曲だなぁと。

そして新曲「レーゾンデートル」

この曲はこれまでのクラムボンに+@が加わったようなイメージ。

ポップさもありつつ捻りの利いた、というか。リズムがオシャレ過ぎ!

本編ラストは「Slight Slight」

個人的には「yet」と対をなす曲なのかなと勝手に思っています。

こちらはバラードでゆったりしたテンポだから、という理由がひとつ。

あとは歌詞から

「ここから、どこかへ向かっている」

印象をどちらからも受けます。

yetからは「強さ」「使命感」を

Slight Slightからは「優しさ」「覚悟」

みたいなものを感じるのです。

ま、勝手に思っているだけですが^^

EN1曲目は「波よせて」。

レッツカラオケタイム!です^^

本当いい曲ですねぇ…何度歌ったことか。

そして名残惜しくも最後の曲の時間に。

新アルバムのラストを飾る「タイムライン」という新曲で締めくくり。

この曲が歌詞もメロディーも滅茶苦茶いいです…。

初めて聞くにも関わらず、なんかですね、「風景」が見えるような曲なんです。

松本隆さんの詩のような…。

普遍性と郷愁感というのが近いでしょうか、「NHK みんなのうた」が帰りの車の中で思い浮かびました。

バイオリン等の弦楽器のソロの盛り上がりも最高で、そのあとメロが少しかわる「Cパート」がすごく好き…。

どの曲もいいんですけれど、「タイムライン」は頭の中に残る感じがひとつ抜け出てる感じがします…

是非とも完全版、弦楽器隊入れた状態でライブで聞きたいです!

 

まとめ

 

この後サイン会にもちろん並びまして。

二言三言ですが、会話ができるのは本当嬉しいです!

ミトさんにはオアシスっぽいですね!と話したら

「そうね~トラヴィスとかオアシスとか、90年代UKロックっぽいかな?CDのアレンジもかっこいいから是非!」

だいちゃんさんには「左足でリズムキープしないんですか?」と聞いてみたら、

「必要な時はするけれど、周りの音をしっかりと聞いて、曲そのもののリズムやテンポが大事で。自分がリズムを取っちゃうと、曲のリズムではなくなる…」

すいません高度過ぎてよくわかりませんでしたが、先生らしく真摯に答えて頂いたのが嬉しかったです。

郁子さんには「昨年のTOKUZOも行きました!」と言ったら恐縮されてしまい…失言だった…。

でも明るくまた来てくださいと笑顔で答えてくれました!

年々若く可愛らしくなっていっているのがすごい…

先に終了した方々が皆笑顔で帰路につかれていくのが印象的でした^^

ライブのアレンジ、CDのアレンジともにそれぞれの格好良さがあって…

これからもずっとクラムボンをのライブに行きたいと思います!

明日も頑張ろう!

やっぱライブっていいな!

以上!サニレポでした!

ABOUT ME
sunny
岐阜 大垣を中心とした西濃地方を中心とした地域ブログ「サニレポ」を運営しています。 音楽と本、使ってよかったモノのレビューもしています。 詳しいプロフィールは → コチラ