【祝】Dragon Ash 20周年! 名曲20選!2008~2017

スポンサードリンク

ミクスチャーロックは好きですかー!!!???

ミクスチャーロック大好きなサニーです。

dragonashの20周年を記念して個人的おススメ曲をご紹介!

高校生の頃から聞いている生粋のファンですが曲数が多すぎて絞り切れません(´;ω;`)

何とかかんとか選びましたが、楽しかった!

「自分はドラゴンアッシュのこんな曲がすきなんやなぁ!」

そんな再発見もあり。

20年の歴史の今回は後半の10年の曲をご紹介する記事になります。

前半の10年はコチラ

【祝】Dragon Ash デビュー20周年! 20年来のファンのオススメ名曲20曲!1997~2007

2017.05.28

アルバム毎に紹介していきますので、どうぞ~!

From 8th AL FREEDOM

Freedom

 

アルバムの実質1曲目。

ドラゴンアッシュのアルバムは1曲目が1分くらいのイントロ、2曲目からアルバム本編、という感じのがほとんどなのですが、最初からアッパーな曲が多い!

この曲は数あるアルバムの中でも頭一つ抜け出るくらいハッピーでアッパーなナンバー。

このころから歌詞に「光」というキーワードが出てきますね。

 

繋がり SUNSET


そういつだって僕らは声荒げ 誰かを求め…!

 

kjの家族や友人に対する素直な思いがそのまま歌詞になった(のかな?)ナンバー。

クラシックギターの音色が優しく響きます…タイトルが秀逸やなぁと。

 

スポンサーリンク

From 9th AL Mixture

 

Ambitious

 

ライブでほんとよく聞いた!

この曲のイントロが流れるとみんな一斉にヒートアップする!

鉄板のライブ・チューンの一つ。ラテン期の最後の方の「完成系」がこの曲なのかも。

リズムとメロディーが抜群!

 

TIME OF  YOUR LIFE


盟友SBKが解散…

戦友ともいえるバンドが居なくなった…。

そういう時も「音楽」に昇華するのがバンドマン、ミュージシャンであることのひとつの証明なのかもしれません。

 

From 10th AL THE FACES

 

The Show Must Go on

 

間違いなくDragon Ashの中でいい曲が一番入っていると思うアルバムです。

構成が少し複雑な曲ですが、「Msut」というタイトルに秘められた思いが伝わってきます。

メロディーがほんと好き。

 

Trigger

 

バイオハザードのテーマソングにもなった曲。

ヘビーなリフとラップがリンプやリンキンを思い起こさせるナンバー。

後半のギターソロが気持ちいいっす!

Run to the Sun

 

疾走感と爽快感がたまんないナンバー。

イントロのドラムと咆哮だけでテンションあがります。

Here I AMからこういったBPMが高い曲が増えた気がするんですが、どれも格好いいのが流石。

途中テンポがゆっくりになる所が好き!

 

Today’s the Day

 

これシングル曲になってもおかしくないんじゃないか?ってくらい好きなんですが…

ドラゴンアッシュらしいラップとメロ、ミクスチャー!って感じが本当好き。

 

Goleden Life

 

GOLD という単語はハイスタのSTAY GOLDをどうしても思い出させます。

イントロからのアルペジオがゴールドの輝きの様な°˖✧ ✧˖°キラキラ感が…。

ラスト、ギターソロからのエンディングの所が狂おしいほどいい!

 

Walk with Dreams

 


盟友・IKUZONEが急逝し、結果的に最後のレコーディング参加となった。

Run to the Sun と対をなす曲。スケールの大きな、包容力のあるような広がりのある曲です。

サビのメロディーはなんとなく昔のドラゴンアッシュっぽい気がするのは私だけ?

 

The Live

 

KenKen×Dragon Ashというどう考えてもカッコよくなるしかない組み合わせ。

馬場さんが亡くなって、「解散」するしかないんじゃないか?とも思ったのですが…。

交流があったKenKenがDragon Ashのベーシストになったのは、運命というかなんというか。

ライブだとケンケンおかしいくらいかっこいいっす。

 

Lily

 

百合の花というのはドラゴンアッシュを象徴する花。

その花の名前をタイトルに持ってくる、という特別な曲かと。歌詞の内容が響く…!

これはミュージックビデオもとてもいいので是非見てほしいです!

 

Curtani Call

アルバムのラスト・ナンバー。

この曲もDragon Ashの中で5本の指に入るくらい好きなナンバーです。

別れを告げる曲なのですが、また会おうよ、とその先の再会を約束する曲でもあります。

壮大で熱量が高い、締めくくりに相応しい名曲。

kjはインタビューで

「これまでのドラゴンアッシュはこのアルバムで終わり」

 

というくらい、全てを詰め込んだアルバムの最後を飾る曲なのだから素晴らしいのも頷けるかと。

 

スポンサーリンク

From sg Beside you

 

16. Cirle

 

なんでこれがアルバムに入ってないの?ってくらい大名曲!

メロディーと曲の激しさが本当すごくいい!

これがシングルでもいいと思うんだけどなぁ…ほんと。

後ほど紹介する「光りの街」通奏高音とでもいうのでしょうか?

音像の高い所でまさに「ひかり」のように音が鳴ってます。

これはそれと低音のバランスが最高に相性がいい曲です!

 

From 11th AL Magestic

 

Mix it Up

 

ミュージックステーションでも披露された曲。

ライブバンドとしてお茶の間に与えたインパクトは物凄いものがありましたね!

ケンケンのスラップも効果的に入ってきて、「新生」ドラゴンアッシュという印象も与えられました!

 

Ode to Joy

 

バドワイザーのCMソングで初めて聞いた時から、明るくてノリのいい曲だなぁと。

シンセの音とディストーションの利いたギターサウンドがマッチしていて解放感を感じます。

ドラムがハネまくっててドラゴンアッシュっぽさも確かにある曲です!

コレもサビのメロと、そこまでの展開がかっこいいです!

雲間から光がさすような…そんな風景が目に浮かびます。

 

光りの街

 

久しぶりに届けられたシングル曲。

曲のスケール感もありつつミクスチャー・ロックなナンバー!

初期の天使のロックから百合の咲く場所でといった曲から、ラテン期を経てHERE I AMという曲生まれて。

その間に確かに進化、変化してきた感じがあるんだけれど、この曲もその系譜の到達点の一つかなぁと。

ずっと残る曲でしょう!

 

20.Faceless

 

ヘビーなリフからハイスタを思い出させる様なハイテンポのドラムがたまんないアッパーチューン。

前作のアルバムがTHE FACES というタイトルだったけれどそれと何かしら関連があるのかな!?

まだMAJESTICは聞き込んでいないので今後変化するかもしれませんが…

以上!サニレポでした!

8月にはライブに岐阜クラブGのライブに参戦するので今から楽しみです!

ドラゴンアッシュ majesticツアー2017/08/23 @岐阜クラブG ライブレポート

2017.08.24
スポンサードリンク 

ABOUTこの記事をかいた人

「情報を集めることが大好き」なレポーターのサニーです。 「岐阜」「趣味」「働き方」「ライフスタイル」をテーマに情報を発信しています。 詳しいプロフィールは → コチラ
   data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です