働き方

【工場】製造業のピッキングの仕事を解説する

「ピッキングってあれでしょ?いろんなモノを集めてピックアップして運ぶ仕事でしょ?」そんな風に思っていた時期がありました。

この記事では、実際に僕が体験した「製造業のピッキング」の仕事内容を徹底的に解説します。

自分が実際に仕事をするまでのイメージの違いも書いています。

ピッキングってどんな仕事なのかな?やってみようかな?と考えている人の参考になれば幸いです。

ピックングの仕事内容はとてもかんたん。誰でもできる

まず何をするのか?という点について説明します。

一言で表すと「集めて、運ぶ」仕事です。必要なモノを、必要な時に、必要なだけ、必要な場所に台車を使って持っていきます。

製造業ですので鉄の塊をメインに運んでいます。他にはネジだとかボルトだとかパッキンだとかをひたすら集めて運ぶ。

なかなか想像がつかないと思いますので、仮で例を御覧ください。

製品Aの場合

  1. 6Mのボルト×10
  2. 10Mのワッシャー×10
  3. 8Mのボルト×6
  4. 12Mのワッシャー×6
  5. 10Mのボルト×16
  6. パッキンA×2
  7. パッキンB×2
  8. パーツA×1
  9. パーツB×4
  10. パーツC×8
  11. パーツD×2
  12. パーツE×6
  13. パーツF×2
  14. パーツG×2
  15. パーツH×2
  16. パーツI×2

こんな具合です。結構種類が多いので最初はわけわかりませんが、1週間ほどで慣れました。

細かいものが多いラインに配属されたのであまり重いものはありません。

重いものは、クレーンやリフトを使っています。20kg以上のものは持ち上げ禁止です。

ピッキングの仕事で大事なこと

製造業に限らず、ピッキング作業で大切なのは

  1. モノを間違えないこと
  2. 数を間違えないこと

この2点だけ注意しておけばOK。そのためには何度も何度も確認します。

最初は時間がかかりますが、どこに何があるかは見ればわかるようになります。

何度も同じ製品を組み立てることが多いので、働く会社によっては1日で覚えられることもあるでしょう。

ひたすら繰り返しの作業ですので正直「飽き」も来ます。飽きるくらいかんたんな仕事です。

\まずは探してみよう/


いろんな人がいる

かんたんな仕事内容ですので、特にコレといった能力は必要ありません。

だからなのかどうかわかりませんが、本当にいろんな人がいます。

女性もいますし、高齢の方も働いています。外国の方もたくさん見かけます。(ブラジルや中国、タイやシンガポールなど)

本当にいろんな人がいます。どんな仕事も一緒ですね。ただ、人の入れ替わりは割と多いようです。

人間関係の悩みはどこも一緒ですね。僕は必要なこと以外はあまり話さないようにしています。

基本的にはひとりで黙々と仕事。でも少しはしゃべる

工場の中ではたくさんの人が働いています。検査をする人、物流の人、保全の人、組み立てラインの人、物流の人、などなど。

ピッキングの仕事中は基本的にはひとりで担当します。何も喋らずにひたすら作業をしていますので、同僚としゃべる機会は正直あまりありません。

休憩中はひとりで過ごすことも可能です。

僕は人と話すのが苦手なので、こうした点はありがたいです。

ですが、どうしても物流の人にお願いをしたりすることがあるので、少しはしゃべる必要があります。

 

\まずは探してみよう/



イメージとの差

ピッキングの仕事は、想像していたものとは違っている部分もありました。

  1. 油で結構汚れる
  2. 油の匂いが結構する
  3. 機械の音でうるさい
  4. 立ち仕事で疲れる

働きだして10日ですが、油の匂いが駄目で辞める人もいます(二人やめた)。

あとうるさいのが駄目とか、想像以上に疲れすぎてダメだとか。

僕は油の匂いは大丈夫でしたが、一度工場の見学をすることをおすすめします。

1日の流れ(日勤)

基本的な流れは以下のようになっています。

  • 8:20 朝礼
  • 8:30 始業
  • 10:00 休憩
  • 10:10 仕事
  • 12:00 昼休憩
  • 12:45 仕事
  • 15:00 休憩
  • 16:45 終了
  • 17:00 残業がある場合はここから残業

いつも同じ時間に、同じ場所に出勤すればいい。

こんな当たり前の事がとてもありがたいです。以前は建築関係の仕事をしていたもので…。

月に10回は朝8:30に違う場所に集合(会社から70km以上離れている現場)ということが普通だったもので…。

淡々と仕事をこなしていると、休憩まではわりとあっという間です。

忙しすぎず、暇すぎず、ちょうどいい感じで今は仕事が出来ています。

繁忙期になったらどうなるかはまたレポートします(レポートしないやつだコレ)

\まずは探してみよう/


時給はそれなりだが、条件がいい

ピッキングのアルバイトの仕事の場合、時給は1,100円前後が多いようです。

地域や会社によって異なるのでなんとも言えませんが、相場としては妥当な時給なのでしょう。

正直もう少し高いお給料が欲しいのですが、時給以外の条件がいいと思います。

  1. 土日休み
  2. 残業代も確実に出る
  3. 仕事内容がかんたん
  4. 食事補助や交通費が出る

これまで小さな会社で働いてきた事が多かったので、当たり前のことが当たり前ではありませんでした。

年間休日が96日だったり、実際は50日くらいしか休んでなかったり、ボーナスが出なかったり、残業代が無かったり、其のくせ仕事内容は多岐に渡るし、交通費は雀の涙だし…

ボーナスが0円になったことを機に、大手企業の関連会社の契約社員になることを決意したのです。

結果、今は本当によかったとも思っています。

正社員も可能な企業もある。とにかく調べる。

僕は探しに探しまくって、直接雇用がある企業を見つけて、なんとかかんとか滑り込むことが出来ました。

最初は契約社員ですが、ある一定の期間がたてば正社員になることが出来る企業の募集を見つけることが出来ました。

今の職場に不安や不満がある方は、まずはどんな仕事があるのか、どんな条件の職場があるのかを調べることが大切です。

\まずは探してみよう/


 

ABOUT ME
sunny
サニーのレポートブログ「サニレポ」運営者。調べることが好き。 詳しいプロフィールは → コチラ