中津川ソーラー 2017 家族みんなで楽しめるフェスへの大きな1歩。今年も晴れた!

スポンサーリンク

中津川ソーラー武道館2017にも無事2日間参戦してきたサニー(@sol1963re)です。

過去最高の動員(約30,000人)・過去最高のラインナップと言っても過言ではない2017年の中津川ソーラー武道館。

ACIDMAN大木さんが「毎年、最高を更新しています」とおっしゃっていましたが、まさにその通りだなと。

5年目を迎えた中津川ソーラー。

5年連続で参加出来たことを誇りに思うと同時に最高に幸せです。

そして今回は「家族で楽しめるフェス」だなぁと強く思いましたのでその理由をレポートします。

 

太陽に愛されたフェスティバル

 

コレばっかりはどうしようもない最大の不確定要素「天候」

2013年の終演直後と、2016年の八代亜紀さんの「雨の慕情」の時しか雨が降ったことがないという本当にそれ自体がすごい確率…!

2016年のACIDMANの前にも少し雨がポツリと降りましたけれど、それは「虹」の演出だったという事で(笑)

2017年も!晴れました!

9月も終わりだというのに日焼けするくらいの強烈な日差し…。

「太陽光発電パネル&蓄電池」を使ったエネルギーシステムを使った中津川ソーラーには最高のシチュエーションでした!

日頃の行いというかね、なんというか、本当にありがとうございます!(神様)

 

スポンサーリンク

新たな試み「こどもソーラーブドウカン」が素晴らしい…!

 

2017年のテーマは

「FAMILY FOREVER FAMILY」

これまでも「家族」で楽しめるフェスを目指していましたが、今年は更にそれ以上のモノを目指します。

「こどもソーラーブドウカン」エリアを未来のオトナの為に確立したいのです。

中津川 THE SOLAR BUDOKAN HPより引用

中津川ソーラー武道館の主催者である佐藤タイジさんはこんなことをメッセージで発しています。

「家族で楽しめるフェス」というコンセプトは、今後のフェスティバルにおいてすごく重要なカギなんじゃないか?と感じました。

 

と感じてフェスに行けない方もいるかと。

日本のロック・フェスティバルが1997年に生まれてから21年。

僕は1981生まれなのですが、子供が早く生まれた友人は中学生位の子供がいたり、晩婚化も進んでつい先日子供が生まれたばかり、という友達もいます。

お客さんとして参加する中心の層は丁度アラサー、アラフォー世代になってきていると感じました。

「子供がまだ小さいから出かけられない」

「周りのお客さんに迷惑をかけてしまうのでは?」

そういう方たちが

「中津川ソーラーなら子供も楽しめるね」

と言って家族みんなで「秋の恒例イベント」になったりしたら本当に最高なんじゃないかと。

更に親の世代も巻き込んで3世代で参加(実際に見かけました)できるフェスになったなら、それこそFAMILY FOREVER FAMILYだなぁなんてことを感じました。

どうしても見たいアーティストの時はおじいちゃんおばあちゃんに見てもらったりしちゃったりして。

親孝行なんかもその時に一緒にしゃったりなんかしてね。

と言う訳で運営さん。

いや、Y’sコネクションの松葉さん!(覚えました)

ウチの親父が大好きな高橋真梨子さんをレジェンド枠で出してください!

音楽に殆ど興味のない母親も高橋真梨子さんのコンサートだけは親父と一緒に行ったことがあるらしいから、両親と一緒にも行けますね。

親父とおふくろと一緒に「for you」とか「5番街のマリー」とか聞いたら100%泣くぞ俺は…

 

話が逸れましたが

 

こういった子供用のすっごい面白そうなアトラクションもあり。

 

 

大きめなトランポリンも用意。

 

 

「こどもソーラーブドウカン」のタイムテーブルを見ると、プロのアーティストによるワークショップがすっごい充実してました。

こういった小さい時の「楽しかった思い出」がずっと続くと、最高の循環になることを心から願います!

 

 

キッズルームもありました。絵本とかも用意されててたのには驚きました…。

これで保母さんとかいたら完璧ですねぇ…

 

 

大道芸人さんにくぎ付けの図。

 

 

それでこんな出会いがあったり。

2013年の時に岡本真夜さんのステージで踊ってた子達なのかなーと思ったり。

クラムボンのステージで、シャボン玉ふいてくれててすごい良かった^^

 

「食の安全」活動にリスペクト…!

 

 

めっちゃくちゃうまそうな燻製のお店。

普通はこれで充分すぎるほど十分なんですけれど、

 

 

こうした「食の安全」に2013年からずっと継続して活動している…!

リスペクトです……!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

本当にゆったりした雰囲気が最高な「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」

「家族が楽しめるフェス」という大きなテーマは個人的には大賛成です。

今回の記事は中津川ソーラーの「テーマ」について思う事を書いてみました。

家族ってなんだろう、と改めて考えるいいきっかけになりました。

 

 

大木さんの祖母が亡くなられたときに書かれた曲だそうで……

亡くなった祖父の事を思い出し、涙……

フェスの楽しみ方って人それぞれ自由でいい。

思いっきり楽しんで、汗だくになって。

芝生に寝っ転がって、昼寝して。

美味しいごはん食べて。

そして無事に家について

それで家族にいつもよりちょっとだけ優しくしたり、改めて感謝したりとか…。

(照)

次回はライブレポートを書いていきます!

以上!サニレポでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「情報を集めることが大好き」なレポーターのサニーです。 「岐阜」「趣味」「働き方」「ライフスタイル」をテーマに情報を発信しています。 詳しいプロフィールは → コチラ
   data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください