【岐阜・岐阜市】ぎふ メディアコスモス 岐阜 オシャレすぎる図書館 毎日通いたい…

スポンサーリンク

「ここいいなぁ行ってみたいなぁ」と思うとかなりの確率で「休み」なことが多いサニー(@sol1963re)です。

嫁さんや友人にそれで一体どれくらいの迷惑をかけたことか…

先日訪れた「ぎふ メディアコスモス」もそのひとつ。

主に月に1回のお休みなのですが、「行こう」と思いたったら「最終火曜日は休み」との情報…

なんなん?ほんとなんなん?

全国の火曜日休みの皆さまそんなことありませんか?

初っ端から横道に逸れましたが、「メディアコスモス」に初めて行きましたのでそのレポートです

 

ぎふ メディアコスモス オシャレすぎる図書館

 

まず外観がオシャレ。文字がオシャレ。

どうした岐阜市?そんなオシャレな街だったか?(失礼)

 

スターバックスがある図書館

 

スターバックスがある。スターバックスが併設している図書館が僕の住んでいる岐阜県にあるなんて…!

凄いぞ岐阜!やるなスターバックス!高いから飲まないけど。

でも人生で1度くらいスタバでipadかなんか開いてブログ更新してみたい…

 

 

コンクリートうちっぱなしの内観。大きめの図書館って喫茶店が併設されているところが多いけれど、そこにスターバックスを持ってくるのは岐阜県ではここだけだろう。都会みたいだ。

 

美術館みたいな図書館

 

何なんでしょうこの空間。

天井一面に広がるすっごいお金かかってそうな木材。そしてランプシェードみたいななんだコレは…

 

 

「木造格子屋根」というらしい。

岐阜建産(東農ヒノキ)の薄い木材を層状に編むことでファブリック(織物)の様に軽やかな架構がつくられています。

ヒノキが豊富に使用されている2階中央図書館に1歩足を踏み入れると、人の心をリラックスさせてくれる”フィトンチッド”と言う木の香りがいっぱいです。

フィトンチッド…消臭作用や浄化作用により、精神安定効果がある香りです。

メディアコスモス内 木造格子屋根 解説より引用

 

いい香りがするらしい…。落ち着いてリラックスできる空間を見た目だけでなく、香りでも提供してくれるとは…。

 

ローソンまである図書館

 

 

コンビニまであった。

少々狭いが、充分な品揃え。お昼時には列が出来ていた。

そりゃあみんな利用するよなぁ…。

 

座席数910席! 包み込まれた空間でゆっくりと過ごせる図書館

 

 

棚があるから図書館とわかるけれど、ものすごく開放的な空間で心ゆくまで読書を楽しめる。

 

 

疲れたら天井を見上げると美しい建築が。

 

 

何より広い!

最大蔵書可能数は90万冊というから驚き…

読みたい本が1冊はみつかるでしょうそれだけあったら。

広いから人がたくさんいてもそんなに気にならない。

 

 

天気の良い日はテラス席で風を感じながら読書というのもいいですねぇ。

 

雑誌が500種類以上ある図書館

 

 

500種類って、めちゃくちゃ多くないですか?

書店に比べたら少ないかもしれませんが、普段目にしないような雑誌が大量にあって楽しい。

そして平積みしてあるから、雑誌の表紙がしっかり見れて「ちょっと読んでみようかな」と思わせる展示。

雑誌を読みに行くだけでも価値があるかと。

 

持ち込みPCを有線LANで使用できる図書館

 

 

PC持ち込んブログ更新出来ちゃうじゃないですか…

スタバのwifiでいいじゃないかという声は置いておいて…

これも使う人には嬉しいサービスですね!

 

スポンサーリンク

PCでインターネット検索も出来る図書館

 

 

図書館って調べものをする方が多いと思うんですが、スマホだと大変な時もあるかと。

申請すればインターネットだって使えます。(1回30分。申し込み制)

台数も10台あり、スペックも調べもの程度ならサクサク出来るPCでした。

 

ぎふメディアコスモス 駐車場 2時間 無料

 

 

「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は駐車場もあります。

駐車料金は30分ごと100円。

施設利用者は館内の認証機を通せば2時間まで無料になります。

台数は約300台駐車可能。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ぎふ メディアコスモスは本好き、図書館好きにはたまらない「1日過ごせる図書館」夢の様な図書館。

蔵書も大量、座席もたくさん。

最大所蔵可能数90万冊、座席数910席を誇り、施設最大の特徴のひとつといえる木造格子屋根を持つ「市立中央図書館」や、活動・発表の場となるスタジオ等を備え、岐阜市の市民活動を積極的に支援する「市民活動交流センター」、展示や発表会、講演会やセレモニーなど多様な使い方ができる「みんなのホール」、「みんなのギャラリー」のほか、国際交流の場となる「多文化交流プラザ」も開設しています。

中央図書館では岐阜の山々の稜線を思わせる形状の木造格子屋根から、それぞれのエリアをやさしく包み込む「グローブ」が吊り下げられ、その中は明るく快適な空間となっています。グローブを中心に渦を巻くかのように配置された書棚は、来館者を本の森へと誘います。
市民活動交流センターでは何でも相談できるカウンターはもちろん、大小4種類のスタジオは、最大100人収容可能な「かんがえるスタジオ」や一面鏡張りの「おどるスタジオ」など使い方は多種多様です。

みんなの森 ぎふメディアコスモス HPより引用

 

他にも色々な施設がありました。講演会や展示、様々な催しの情報も多々手に入れられることと思います。

はぁ…近くに住んでいる方が正直羨ましい…

以上! サニレポでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「情報を集めることが大好き」なレポーターのサニーです。 「岐阜」「趣味」「働き方」「ライフスタイル」をテーマに情報を発信しています。 詳しいプロフィールは → コチラ
   data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください