くらし 生活

家計簿の項目は 管理可能 │管理不能 の2種類にすると簡単で楽です。

 

この記事では、わが家の家計の支出の種類をまとめています。ものすごくシンプルに2つだけなのでとても楽にお金を管理出来ています。

それは下記の2種類だけ。

 

  • 管理可能支出
  • 管理不能支出

 

理由は単純で、あまり細かくすると面倒だから。そして面倒だと続かないからです。

以前は「固定費、変動費、特別出費」という項目に分けていました。こういった分け方でもできる方は問題ないと思います。ただ、わたし達には出来ませんでした。

そんな時に出会った考え方が上記の「管理可能支出」 と 「管理不能支出」という考え方です。

「インベスターZ」というマンガの18巻に出てきて、それで初めて知りました。

ではそれぞれについて簡単に説明します。

管理可能支出とは

食費や洋服代趣味の費用など財布から出ていき月によって金額が増減するお金は管理可能支出

三田 紀房 インベスターZ 18巻 より引用 

 

自分でコントロールできるお金のことが「管理可能支出」と言えそうです。

スーパーやコンビニでの普段のお買い物や外食、ガソリン代や洋服代など様々な種類がありますが、要するに「財布から出ていくお金」と考えれば良いです。

管理不能支出とは

家賃や自動車、住宅ローン 携帯や光熱費の基本料金などは契約で支払い金額が固定され主に銀行口座から引き落とされる管理不能支出です。

三田 紀房 インベスターZ 18巻 より引用 

 

銀行の口座から勝手に出ていく種類のお金が「管理不能支出」になります。

わが家の場合は

  • 家賃
  • 携帯電話料金(mineo)
  • ポケット Wi-Fi
  • 水道光熱費
  • 自動車関係(税金)
  • 生命保険

 

などが管理不能支出にあたります。

固定費、変動費とどう違うの?

正直に行ってあまり内容的には変わらないです。

何を固定費とするか、何を変動費とするか?それは各家庭によって、各個人によって変わってきます。

わたし達は「管理可能」「管理不能」と呼ぶことで心構え、意識が変わってきました。

固定=必要というイメージがありますので、そこは削れないお金、と考えてしまうのです。

ですが、節約や貯金に最も効果的なのはその固定費、管理不能支出をどうにかして減らす、なくすこと。

例として、車は本当に必要かどうかを見てみましょう。

例)夫婦ふたりぐらしで車2台はいるのか問題?

わたし達は夫婦ふたり暮らしで子供がいない家庭です。

交通網が発達している地域ではないので「車がないと生きて行けない」とよく言われる地域に住んでいます。

ですが、現在は110cc のバイクと軽自動車で暮らし始めて2年以上経っています。

夫の通勤にバイクを使って、妻のパートや買い物に軽自動車を使っています。

バイクを使っていて大変だと思うのは雨の日と冬の寒い時期だけです。

それでも良い雨具を使えば雨もそんなに困りませんし、冬場もバッテリー式の暖かくなる服を着るようにしているのでそれほど寒くありません。

参考サイト >> http://henlybegins.com/terraheat/

もともとバイクが好き、ということもあるのでなんの不満もありません。

車2台ではなく、車1台+バイク1台という選択をすることで、かなりのお金を節約することに成功しています。

まとめ

管理可能支出・管理不能支出
  • 財布から出ていくお金が 管理可能支出
  • 銀行口座でから出ていくお金が 管理可能支出

この記事ではとてもわが家の支出の種類について書きました。

とにかくシンプルに、わかりやすく。

食費や洋服代などの変動費ではなくて、自動的に出ていく固定費をいかにカットするか?

まずはこのポイントを考えることが大切かと。

ABOUT ME
sunny
岐阜 大垣を中心とした西濃地方を中心とした地域ブログ「サニレポ」を運営しています。 音楽と本、使ってよかったモノのレビューもしています。 詳しいプロフィールは → コチラ