「収集」x「着想」(インプット x 説明)を活かしてブログを書く方法を考えた話

スポンサーリンク

どうも、サニーです。

いきなり自分語りになってしまうんですが、僕は結構な「飽き性」です。

それが原因かはわかりませんが、転職も4回ほどしております。(興味のある方はプロフィールをどうぞ)

「飽き性」というのは言い換えると「好奇心旺盛」です。

自分の内面をしっかりと見つめようとした時に、「ストレングスファインダー」の存在しを知りました。

ストリングスファインダーを使って自分を分析してみると「収集」「着想」という才能(強み)を持っていることがわかりました。

言い換えると「インプット」が大好きで、「ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方」となります。

この2つの強みを持つ僕は「ブログ」が向いているんじゃないか?と仮説を立てたのが前回の記事。

>> 「収集」と「着想」の才能を活かす方法はブログが最適【ストレングスファインダー】

そこでこの記事では「才能を活かしてブログを書く」手段を自分なりに考察してみました。

ブログを書く方法は世の中にたくさんあります。

その中の方法の一つとしてあなたの参考になれば幸いです。

 

収集(インプット)の才能を持つ人のための行動アイデア

瓶詰されたたくさんのコレクション

 

どういった行動をして、それを習慣化すれば、あなたの才能をより強化できますよ。

そんなアドバイスまでしてくれるのがストレングスファインダーの良いところ。

全部で10個あるのですが、その行動アイディアはどれも魅力的なんです。

  • どの項目が一番印象に残るか?あなたが最も実行しやすい行動はどれか?
  • 行動の中で、今後30日間、継続して実行できるものはどれか?

あなたが最も「やりたい!」と感じる行動を1つずつ長い時間をかけて実践し、習慣化するのが良いでしょう。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0より引用

 

↑ このようにありますので、頑張って1つを選択してみました。ちなみに選択肢は参考ページをどうぞ。

参考 >> 【収集】を強みに持つ人のための行動のアイデア・成功へのアドバイス | ストレングスファインダー

 

  1. 印象に残り
  2. 実行に移しやすく
  3. 継続できるもの

 

にぴったりの行動がアイディアがありました。

あなたは、「単なる情報の収集者」以上のものにならなくてはならないことに注意してください。ときに、あなたは知識を活用して行動に移すことが必要になるでしょう。他の人にとって有益になりうる事実やデータを特定し、それを彼らの利益のために活用するよう心がけましょう。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0より引用

 

赤文字の部分に特に心を惹かれましたね。まさに自分がブログでやりたいことそのもの。

小沢健二の「痛快ウキウキ通り」の歌詞にあるように、「喜びをほかの誰かと分かり合う!」ことで「世の中を(自分も相手も含め)熱くする!」ことがしたいのかもしれないなぁーとこの記事を今書きながら考えました。

 

 

 

こういった情報(歌詞とか)のストックだけはめちゃくちゃあるんですが、いかんせんそれがまとまってないので、情報の整理整頓もしたいところです。

 

「情報の整理整頓」で言えば、漫画「クニミツの政」で怪物秘書の久城というキャラクターが資料整理をする場面がめちゃくちゃかっこいいんですよ!

彼が泊まり込んで資料整理してて、「何月何日のあの事件の記事を出してくれ」と試しにテストしてみたら物の数秒でその記事がファイリングされたスクラップブックから出てきて…「すげぇ!」「かっこいい!」とおもった僕は変態でしょうか(検索してもさすがにその場面は出てこなかった(笑)

しかし「有益となる事実やデータを特定」ってのはどうすればいいんでしょうね???

それが課題ですね。

 

スポンサーリンク

着想(説明が上手)の才能を持つ人のための行動アイデア

ホワイトボードを使って説明している人

 

さて、同じように「着想」からも行動アイデアを選んでいきたいと思います。

 

でました!

「図を描く」「たとえ話や比喩を使う」「概念を順に説明する」などの方法で、あなたのアイデアを周囲の人に対してより具体的に提示するよう心がけましょう。あなたの抽象的で概念的な思考スタイルについていけなくなると、周囲の人はあなたに対する興味を失ってしまう可能性があります。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0より引用

 

「図を描く」というのが一番印象に残ったことですね!実行に移せるかどうかは自分次第ですが。

有料noteで 行武亜沙美/図解屋 さんの “発信力をアップさせる”ゼロからのやさしい図解を購入したので、あとはやるだけ!(やるとは言ってない)

 

 

OMG さんの記事も参考になりそうです

 

集めた情報から、どれを選んだらいい?

 

息をするように情報収集しているのが僕なんですが、先日同地域に住んでいるブロガーの方と話をしていて「どうやって書いてる?」という話になりました。

僕の場合は「何を書こう?」という時に、「書こうと思えば書ける」ネタって、死ぬほどあるんですよね。

音楽のことならなんでも書けます。マジで。

でも「どの曲のことを書こう?」となると悩んでしまって書けない。

そしてその情報を知りたがっている人はいったいどれくらいいるの?と考えちゃって結局書かないんですよね。(言い訳)

そうなると、先ほどでた「有益となる事実やデータの特定」が苦手ではあるので、そこを磨けばいいんではなかろうか!?と気づきました。

まぁなんでも書いていいわけですけど、あまりにニッチすぎるものは「書いても読まれない」のでね。

「ブログ」である以上はやはり「読まれたい」わけです。

 

 

スポンサーリンク

選ぶ基準は「90点以上」?

[amazonjs asin=”B06XP9632T” locale=”JP” title=”マンガでよくわかる エッセンシャル思考”]

 

 

「90点以上」という基準。これはもう完璧に「エッセンシャル思考」の影響です。

何を選ぶか?ということに関してはこの本から得られる学びはとても多い本でした。

書こうと思えば何でも記事は書けるけれど、「90点以上の記事の素材は何か?」と考えるようにする。

本の中では「最低限の基準3つ」と「理想の基準3つ」のプロセスを踏むといい、と書いてあったのでそれに素直に従ってみますと

たとえば

 

最低限の基準3つ

  1. 興味のあること
  2. 1,000文字以上内容がかけること
  3. 検索ボリュームがある程度あるキーワード

とか。ぱっと思いついたのがこれくらい。

理想の基準3つ

  1. 自分が好きなこと
  2. ○○が○○なこと
  3. ○○で○○なこと

理想はなかなか思いつかなかったです…要検討ですな。

 

まとめ

 

「ストレングスファインダー」をやったことで、自分がどういう方面に向けてブログを書けばいいのか?(おそらく)むいているのか?ということが分かった気がします。

PDCAサイクルでいう「P」(計画)ができたのかな?

実際に行動してみて、そのあとに検証、改善する必要がありますね。知識としてはしっていても、実際にやったことないのでこれをきっかけにやってみたいと思います!

以上!サニレポでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「情報を集めることが大好き」なレポーターのサニーです。 「岐阜」「趣味」「働き方」「ライフスタイル」をテーマに情報を発信しています。 詳しいプロフィールは → コチラ
   data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください