岐阜県外のおすすめスポット

【もののけ姫・時をかける少女】職人技のアニメ背景美術 @松本市美術館 山本二三展

 

こんにちわ。細田守版「時をかける少女」が大好きなサニー(@sol1963re)です。

なにが好きって、あのラストシーン近くで真琴が全力で走るシーンが大好き。

あのシーンを見ると何故だ涙が…おっと。

お盆休みに嫁さんの在所(っていうのかな?)で長野県に。

丁度いいタイミングで「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が開催されていたので足を運んできました^^

アニメは大好きですが、こういった「美術」をいった観点で見たことが無かったので、凄く興味深くて面白い!

それでは「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」のレポートです!

※現在「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」は終了しています。

日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展

 

長野県は松本市美術館にて。

夏休みということもあってか、駐車場は常に満車状態。

人気の程が伺えます。

 

 

館内に入ると草間彌生さんのオブジェが。

ここ松本は草間彌生さんの故郷だそうで。

 

 

 

圧倒的草間彌生ワールド…。

 

 

チケットを購入し、いざ!

 

 

怪談途中にも案内がありました。これはもののけ姫の背景ですね。

こうした細かいところが美術館っぽいなぁ。

 

 

建物の壁に巨大なタペストリーが。「MASTERPIECE」「Princess Mononoke」

 

 

これは「時をかける少女」ですね。「IMPRESSION」「The Girl Who Leapt Through Time」

「アニメ背景」と言いますが、これは一つの芸術作品ですなぁ…

 

 

これはなつかしの「くじらぐも」!! 小学校の教科書にのってたやつ!!

 

 

シシ神の森を再現した撮影コーナーもありました^^ 間近で見ると本当細かくて凄すぎ…

 


 

代表作 天空の城ラピュタ 火垂るの墓 もののけ姫 時をかける少女

 

入り口にて。

このラインナップは全て見ているので、どのシーンが展示されているのか、本物はどんな感じなのか、かなり楽しみ!

 

 

こちらはラストの松本城。

長野限定展示らしいです。

 

 

全223点+ポスター等超充実の内容

 

こちらはミュージアムショップのポストカードですが、恐ろしく丁寧で細かい背景画が全223点+映画のポスター5点4が展示。

大満足のボリュームでした。

「あ、この場面は真琴がおばさんと転んだところだな、あ、このグラウンドはキャッチボールしていたところだな」とぶつぶつ言いながら見ていました。

「アニメーションはこうした仕事の上で成り立っているんだ」ということも実感できましたし、貴重な原画を「自分の目」で見ることが出来る機会は限られているので、訪れて本当に良かった。

印刷物や、映像ではわからない部分って絶対あるので。

好きな作品に関連するものを見るのはやはり楽しい!

 

 

常設展示には草間彌生のコレクション

 

初期の作品や、超巨大な作品も展示されていました。

常設展示でここまであるのはそれだけで相当な魅力がありますなぁ。

ただただ「すごい」としか言いようがないのですが、いや、すごかった…

 

自動販売機やマネキンも草間彌生カスタム。

水玉、というだけで草間彌生さんとわかるのはよくよく考えるととんでもないのでは?

 

 

ミュージアムショップ

 

「時をかける少女」が大好きなので、関連グッズを購入。

 

 

クリアファイル¥432

 

 

複製画¥540

これでアニメキャラが描いてあるとちょっと仕事で使いにくいですが、これだと全然使えますねぇ。

しかしこの絵。良い…! 買ってよかった^^

 

 

山本二三と新海誠

 

長野から岐阜へ帰る途中のサービスエリアでたまたま見かけた「君の名は」バス。

 

新宿から飛騨市への観光バスでした。

新海誠監督といえば「背景がとんでもなくキレイ」というのが特徴の一つだと思いますが、その源流というか、土台を作ってきたのが山本二三さんなのかな?とそんなことを思いました。

よくよく見ると雲とかビルとか影響がやはりあるのでしょうね。

山本二三さんがいたから、日本のアニメーション美術の礎が築かれ、それが受け継がれているのでしょうか…。

「AKIRA」の大友克洋さんの背景とかも大好きなので、大友克洋展名古屋あたりでやってくれないかなぁ…。

以上! サニレポでした!

山本二三展 詳細

【開催期間】2017年7月15日(土)~9月18日(月・祝)

【開館時間】9:00~17:00(入場は16:30まで)

【観覧料】 大人1,000円 大学・高校生800円 中学生以下無料

【休館日】 月曜日

松本市美術館 HP

ABOUT ME
sunny
岐阜 大垣を中心とした西濃地方を中心とした地域ブログ「サニレポ」を運営しています。 音楽と本、使ってよかったモノのレビューもしています。 詳しいプロフィールは → コチラ