ライブレポート

Mr.Childrenのライブに初めて参加。京セラドームすら狭く感じるモンスター・バンドの最高なエンターテイメント・ショー

2019年5月11日に行われたMr.Children Dome Tour2019 “Against All GRAVITY”の大阪/京セラドーム公演の初日に参加してきました。

ミスチルのライブを見るのは初めて。

なんでもっと早くライブに行かなかったんだろう、これから行われるミスチルのライブは全力で参加しよう、と早くも心に誓いました。

Mr.Childrenを「再発見」出来て、ライブに参加して本当に良かったです。

僕がミスチルのライブで感動したもの

普段はライブハウスや夏フェスでライブを体験することが殆どで、京セラドームという40,000人も入るハコのスケール感、観客の数、舞台装置や演出などこれまで体験したことが無い極上の「エンターテイメント・ショウ」でした。

全てが素晴らしいショウでしたが、個人的に特に良かった!という点を3つに絞って書いていきます。

1.桜井和寿さんの圧倒的なヒーロー感


その存在感は以前から知っていたつもりでしたが、実際に生で彼の姿とその声を体験したら

「かっこいい…」

「歌うますぎ…」

「かっこいい…マジかっこいい…」

「惚れる…」

トップランナーとして第一線をずっと走り続けてきた人にしか出せないオーラが確実にそこにはありました。

登場の仕方からしてかっこいいし、衣装も独特なのに似合ってるし着こなしているし、衣装チェンジもあったりするし、曲の途中で走ったりしても息が切れずに歌いこなすし、歌詞が一つ一つ刺さるし。

その歌声。そのメロディー。その佇まい。そのスマイル。

たった一人の人間がここまで多くの人を魅了し続けている理由がよくわかりました。

SpotifyでMr.Childrenの曲を延々聞いております。

2.盤石のバンド感

ミスチルの曲のアレンジってオーケストラやピアノでの装飾が多いイメージがあって、ライブでも管弦とピアノがいるんだろうなー、と思ってました。

蓋をあけると、サポートのキーボードの方が男性と女性それぞれひとりずつ、合計6人での演奏でした。

たった6人とは思えない程の音像と音圧、そしてめちゃくちゃいい音だったのもすごかったのですが、なんと言ってもそのグルーヴ!

ロックのダイナミックなグルーヴ、ファンクのうねるようなグルーヴとは違う種類の、でも壮大で大きな一つの固まりとしての演奏が素晴らしかった。

全力で顔をくしゃくしゃにして、人間性がそのまま伝わってくるような、感情が100%乗っかってる鈴木さんのドラム。

あそこまで全力で叩いているのに大木の根っこのようにどっしりと安定感があるドラミングは本当に凄かった!

様々なリフとフレーズと音色を、曲に合わせたギターに何度も交換しながら奏でる田原さんは職人のよう。

そして仲がさんのベースが桜井さんのヴォーカルもキーボードも全て含めてそれぞれを繋いでいる。

完成度の高さが半端じゃなく、もう圧倒されました。

技術的に難しいことは特にやっていないと思うんですよね。

何も飾らない4人だけで演奏した曲もあってそれが本当に素晴らしかったです。バンド小僧!みたいな側面が見られました。

3.メロディーと楽曲の素晴らしさ

人の心を打つ言葉がとんでもなく良いメロディーで、素晴らしい曲に乗っかっている。

めちゃくちゃ難しいことを当たり前のように長い間続けている。

間違いなく「モンスター・バンド」です。

サビに向かって道が開かれていくように展開される楽曲の構造、アレンジはMr.Childrenの楽曲の特長で、その部分が本当に好き。(「HIMAWARI」のサビ前のアルペジオとか)

そして桜井さんから生まれるメロディー。

MCでは「生まれてくるメロディーは何をつたえたいんだろう、何を表現したいんだろう、どんな歌詞を連れてきてくれるんだろう、どんな曲がうまれてくるんだろう」

というような発言をされていたと記憶しています。

こんなにも多くの人の前で演奏できて、歌が歌えて、時間と空間を共有できることがそれ自体が本当に幸せだともおっしゃていました。

やさしく人に寄り添ってくれるようなメロディー、歌詞、楽曲。

そのどれもが本当にすべて素晴らしいすぎます

Mr.Childrenのライブにまた行きたい。何度でも。

「ミスチル?いい曲だとは思うけど、ライブに行こうとは思わないなぁ」

「でも、一生に一度は見てみたいバンドだよなぁ。」

こう思っていたのが、ミスチルのライブを体験する前の僕の正直な感想です。

そう思っていた過去の自分はもういません。

これからは行けるミスチルのライブは全部行く!

正直、知らない曲もあるくらいの「にわかファン」であるのです。

ベスト盤を買うのではなく、レンタルCDで借りて聞いている感じ。

ライブをもっと楽しむために、もっとミスチルの曲を聞きたくなりました。

ファンになった!ってのが一番わかり易いですかね。

ミスチルのライブに行ったことが無い、という方はぜひとも機会を作って行ってほしいです。

ミスチルが更に、もっと、深く好きになれるはず。

ABOUT ME
sunny
サニーのレポートブログ「サニレポ」の運営者サニーと申します。 音楽と本、使ってよかったモノのレビューなどを書いています。 詳しいプロフィールは → コチラ