音楽

中津川ソーラーBUDOKAN(ほぼ)皆勤賞の僕がその魅力を紹介します!

17歳の時に東京お台場でのフジロックフェスティバル98に初参加してから、十数回フェスに参加してきたフェス大好き人間のサニーです。

岐阜県中津川市で開催される「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」(以下中津川ソーラー)に2013年の初開催から皆勤賞(2014年のみ1日参加…)の僕サニーがその魅力についてレポートします!

中津川ソーラーは中津川ソーラーならではの魅力が満載なんです!中津川ソーラーがある限り、必ず参加します。

仕事?そんなの関係ねぇ!

このフェスの魅力となっている要素を3つ書いていきます。

  1. 開催の意義から伝わる熱い想い!
  2. 参加アーティストの豪華さ!
  3. 会場のコンパクトさ・音と気候の良さ!

中津川ソーラーに行こうかどうか迷っているあなたの背中を押せたら嬉しいです!

魅力① 開催の意義から伝わる熱い想い!

中津川ソーラーの様子中津川ソーラーの様子

あえて最初に開催の意義を持ってきました。

音楽フェスは音楽を楽しむ場所だとは思うのですが、中津川ソーラーはその成り立ちが本当に重要だと思っています。

「全部ソーラーでやっちゃえば、それは意義があるんじゃないかと思ったんです。原発反対の気持ちはあるけど、反対運動というのはネガティブな気持ちだから続けるのはとてもしんどいこと。でもソーラー電力で音楽をやるというのは反対運動ではなく“賛成運動”。ポジティブだし続けられる形だと思う。そこが大事なんです」

「THE SOLAR BUDOKAN」プロジェクトの舞台裏 より引用

 

3.11があって、日本中が自粛ムードの中で主催者の佐藤タイジさんが2秒で思いついたというエピソード。

「賛成運動」という言葉からはすごく前向きで、プラスで、1歩踏み出すを受けます。

「佐藤タイジ」さんの想いからスタートした中津川ソーラーBUDOKANは日本でも有数のフェスになりました。

そしてその想いをカタチする裏方さんには頭が下がります。

2017年の閉幕の挨拶にはワイズコネクションの方も一緒に挨拶をされており、人と人との絆を強く感じました。

詳しくはこちらの記事を是非読んでみてください! ↓

>> 「THE SOLAR BUDOKAN」プロジェクトの舞台裏

環境問題を提起するフェス

アーティストが主催したり、自治体が主催したりするフェスが多い中、中津川ソーラーは「環境問題」をテーマに挙げているところもリスペクトできるポイント。

「電力は太陽光でまかなう」というものテーマに関わっていて、フードコートでの食事の安全にも気を使ってます。

安全な食、というのも外での食事や家族連れには大事なテーマです。

あとなんだ、小学生以下無料なんですって!サービスよすぎでしょ!小学生の頃からこんなフェスに参加できるのが羨ましい。実際、会場には小さなお子さんの姿をとてもたくさん見かけます。

こどもソーラーブドウカンというキッズ向けのイベントも出来て、家族に優しすぎます。

こどもソーラーブドウカン

こどもソーラーブドウカン

内容拝見しましたけど、下手したらアーティストのステージ見なくてもいいんじゃないかコレ…(言い過ぎ?)

そんな中津川ソーラー 2017年のテーマは「Family forever Family」でした

オーガナイザーの佐藤タイジさんのメッセージを紹介します。

私たちのTHE SOLAR BUDOKANは今年で6年目、中津川に場所を移して5年目。

音響照明に関わる全ての電源をソーラー発電でまかないながら着実に成長しています。

フードコートの全メニューの放射線量は今年も表示します。

余談ですが私の娘は生後2カ月で初めてのロックフェスを中津川で体験しています。

「Family Forever Family」

これが今年のテーマです。

これまでも「家族」で楽しめるフェスを目指していましたが、今年は更にそれ以上のモノを目指します。

「こどもソーラーブドウカン」エリアを未来のオトナの為に確立したいのです。

家族って思ったことを言い合い、許し合うもの。

間違いを正しあい成長しあうもの。

そしてただ愛し合うもの。

人類の未来がひとつひとつの家族の延長線上にあるのだとすれば、「壁」なんか無いはずだし、
「そこに住んでいる人の意見」を無視し続けることは絶対無いはずなのです。

家族とは終わりの無い「縁」なのです。

間違いは正せるのです。
今年も太陽の力で思い切り楽しみましょう。

シアターブルック
インディーズ電力
THE SOLAR BUDOKAN
佐藤タイジ

主催者の意見がダイレクトに反映されていると僕は感じています。

お子さん連れの方も多いし、お子さんにはみんな優しいし。

京都大作戦を見て、バンドを組んで、実際に京都大作戦に出たバンド「ヤバいTシャツ屋さん」とかもいるし…。

京都大作戦をきっかけに10-FEETを知り、2008年にはじめて10-FEETのライブを見て衝撃を受け、一緒に行った友達とバンドを組み、高校の文化祭で披露した。そして大学でヤバイTシャツ屋さんを組み、最初は10-FEETのコピーなどもしていた[7]

Wikipediaより引用

中学生・高校生のキッズがバンドをやるきっかけになればいいし、大人はかっこいいオトナにならなけりゃなって思うし…。

やっぱりティーンの頃の体験ってめちゃくちゃ印象に残りますよね。

キッズたちが大きくなって、結婚して子供産んで子供連れてフェスに来て…って最高の循環。

魅力② 参加アーティストが最高すぎる!

アーティストの中で「音が良い」という噂になっている中津川ソーラー。

「タイジさんから太陽(発電)は音がいいと言われ、楽しみにしてきました」という原田の言葉を受け、ミトが「音のヌケがいい!」と感嘆の声を上げた。「聴きやすいから演奏に集中できる。今日はいいライヴになる!」

BARKS 【速レポ】<中津川ソーラー>クラムボン、「来年も来ちゃう。呼ばれなくても」 

僕の大好きなクラムボンもこういってます!

実際にアーティストの方々が次々に口にしておりまして、プロの方々が言ってるんだからまちがいないでしょう!

そんな「いい音」につられて(?)出演するアーティストは日本のレジェンドやロック・メロコアからヒップホップ、オールディーズやパンクス、はたまた阿波おどりまで、メチャクチャ幅広いラインナップでございます。

ありがとうタイジさん!

見たことがないアーティストを見られるのもこのフェスの醍醐味の一つ!

中津川ソーラー出演アーティストを紹介

リスペクトステージ

2013年に中津川市で開催されるよになってからの出演するアーティストを10組ずつ、被らないように抜粋してみます。(個人的なチョイスになります)

2013年出演アーティスト

  1. THEATRE BROOK
  2. MIYAVI×中津川JAM(佐藤タイジ・中村達也)
  3. a flood of circle
  4. ACIDMAN
  5. MANNISH BOYS
  6. SOIL&”PIMP”SESSIONS
  7. 泉谷しげる
  8. 岡本真夜
  9. ダイノジ(DJ)
  10. 武藤昭平 with ウエノコウジ

2014年出演アーティスト

  1. Char
  2. Dragon Ash
  3. FLYING KIDS
  4. GOMA & The Jungle Rhythm Section
  5. The HIATUS
  6. RIZE
  7. 10-FEET
  8. UA
  9. THE King ALL STARS
  10. SUGIZO

2015年出演アーティスト

  1. the band apart
  2. The Birthday
  3. BRAHMAN
  4. EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX
  5. 藤井フミヤ
  6. GRAPEVINE
  7. the LOW-ATUS
  8. MONOEYES
  9. 渋さ知らズオーケストラ
  10. ストレイテナー

2016年出演アーティスト

  1. NAMBA69
  2. 怒髪天
  3. MONGOL800
  4. Nothing’s Carved In Stone
  5. チャットモンチー
  6. AFTER SCHOOL HANGOUT
  7. H ZETTRIO
  8. ましまろ
  9. 八代亜紀
  10. OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

2017年出演アーティスト

  1. HY
  2. 吉川晃司
  3. ザ・クロマニヨンズ
  4. 仲井戸 ”CHABO” 麗市 SOLAR JAM
  5. THE BACK HORN
  6. ROTTEN GRAFFTY
  7. 東北ライブハウス大作戦 TOSHI-LOW・細美武士・Kj
  8. ヤバいTシャツ屋さん
  9. クラムボン
  10. NOTHING BUT THE FUNK Feat さかいゆう

2018年出演アーティスト

  1. 04 Limited Sazabys
  2. サンボマスター
  3. HEY-SMITH
  4. CHAI
  5. Nulbarich
  6. Creepy Nuts
  7. 打首獄門同好会
  8. NakamuraEmi
  9. ハナレグミ
  10. LIFE IS GROOVE

2019年出演アーティスト

  1. the band apart
  2. LOW IQ 01&THE RHYTHM MAKERS
  3. 木村 カエラ
  4. 9mm Parabellum Bullet
  5. 一青窈
  6. 真心ブラザーズ
  7. No Party For Cao Dong
  8. 金子ノブアキ
  9. never young beach
  10. ROCKIN’QUARTET SPECIAL

自分で書いていてなんですが、まじで幅広い!

ここにも書ききれなかったアーティストが沢山いらっしゃいます。毎年どのライブを観ようか迷ってしまって仕方ががないくらい。

あなたの好きなアーティストも、初めて見るアーティストも、沢山みて楽しみましょう!

魅力③ 会場がコンパクト。音が良い。気候がよい!

他のフェスと比較して決して広い会場では無いです。既存の施設を本当に上手に使っています。

エリアマップ(会場全体図)

中津川 THE SOLAR BUDOKAN HP より引用

入場時の混雑を避けるためか、2017年から「第2入場ゲート」が準備されました。これは嬉しい配慮です!

第2入場ゲートから入るとすぐそこに「オフィシャルグッズ」の売り場が見えます。アーティストグッズもここにありました。

(結構並んでいましたので、お目当てのアーティストのものが欲しい場合はお早めに!)

気球の前のエリアにもいろいろフリマみたいになっているので、そちらでお買い物も楽しめますよ!

公園、野球場、体育館を利用していますので、キレイなトイレが使用できます。(体育館の中のトイレはかなり並ぶので注意)

そして裏情報ですが、体育館内の自動販売機のジュースは定価で販売しているので、飲食ブースより安かったりします 笑)

体育館がかなーり広い休憩所になっていますので、疲れたら無理せずそこで休んでくださいな。

気候、天気、服装について

9月末のイベントなので、終盤は陽が落ちて暗くなってけっこう寒くなります。

終演までいるのなら、ウインドブレーカーやパーカー等は持って行った方がいいです。

2013年の時はあまりに寒くてパーカー買いました。日中はさすがに少し暑いですが、夕方には大分涼しくなります。

9月下旬の開催という真夏じゃない時期もポイント。

雨は今のところ2013年度の終演直後と2016年の八代亜紀さんの「雨の慕情」の時しか振っていません!(それはそれですごすぎる)

最強の晴れ男佐藤タイジ万歳!

ライブステージ

2016年から5つになり、2017年も5つでしたが、毎回少しずつ改良が加えられています。

ステージ名称はRが頭文字となっています。

  • メイン   レボリューション
  • サブ    リデンプションステージ
  • 3rd   リスペクトステージ
  • 4th   リアライズステージ
  • 5th   レジリエンスステージ

それぞれ

  • 革命(Revolution)
  • 解放(redemption)
  • 尊敬(Respect)
  • 現実化する、悟る(Realize)
  • 抵抗力、復元力、耐久力(Resilience)

という意味を持った英単語となっています。

メイン レボリューションステージ

中津川ソーラーのレボリューションステージ

一番大きなメインのステージはレボリューションステージ。そうそうたるメンツがここで最高のライブを見せてくれます。

特にシアターブルックのライブは必見です!何故ならフェスに出演するアーティストが結構な割合で一緒のステージに上がってライブがあるんですよ!シアターブルックの曲を一緒に演奏する!

中津川ソーラーのハイライトといっても過言ではない瞬間です!

「ありったけの愛」はこのフェスのための曲なんです!(勝手に断言)

 

2017年のトリは「仲井戸“CHABO”麗市 SOLAR JAM feat.佐藤タイジ・TOSHI-LOW」での「雨上がりの夜空に」のお祭り感と一体感は本当に素晴らしくて。

ラストの「ガルシアの風」の朗読は涙なしでは聞けませんでした。

ロックフェスのラストが「朗読」ですよ!?タイジさんが娘さんを抱えながら号泣してて…

アーティスト、男、人間としての「絆」を強く感じました!

>> 【速レポ】<中津川ソーラー>仲井戸“CHABO”麗市 SOLAR JAM、「大晦日みたいじゃねえか、来年もよろしく!」 BARKS|barks.jp

サブ リデンプションステージ

中津川ソーラー リデンプションステージ

アーティスト登場時にボブマーリーの『Redemption Song』が流れます。こういう域な計らいがいいですねぇ…。

サブステージとはいえ、メインにひけをとらないアーティストが並びます!

ストレイテナーやモンゴル800、MONOEYESや、ヤバいT シャツ屋さん、NCISなど。

少し大きめなライブハウス、ZEEPを少し大きくしたくらいな広さです。

2017年の「東北ライブハウス大作戦ステージ」は過去最大の集客!

この日だけのスペシャルで超豪華なメンツによるステージが繰り広げられました!

Dragon Ashのkjはこの日、このステージの為だけに参加してくれました! サンキュー!

3rd リスペクトステージ

中津川ソーラー リスペクトステージ

3rdステージの位置づけ(おそらく)のリスペクトステージ。

下は芝生になっており、観客席には角度がついているので後ろの方からでもステージがよく見えます。

一番前に行くとすんごい近いです!アーティストとの距離感が大きな魅力の一つ。

名古屋のライブハウスで言うとダイヤモンドホール、ボトムラインくらい?でしょうか?奥行きはめちゃくちゃありますが。

のんびりした雰囲気と平和な感じ。LOVE&PEACE!みんな結構座って見たりもします。

アーティストが煽ればダンスフロアに、しっとり系の場合はゆっくり座って見られる。

ここでしか見られないスペシャルなユニットも多数!個人的にはこのステージが一番好きです。

4th リアライズステージ

中津川ソーラー リアライズステージ

(写真は2016年のもの)

2016年からできたリアライズステージ。一言でいうと4tウイング車です(笑)でもこれいいアイディアですね。

2番目のステージで出てきたDJダイノジで盛り上がりすぎて、直ぐに舞台が壊れちゃったりしたある意味伝説のステージです!

2016年のこのステージのトリを飾ったさかいゆう&福原美穂さんは個人的ベストアクト!シアターブルックのリズム隊+森俊之さん…。

国内最高峰のソウル&ファンクのステージが間近で見られたのは本当に最高でした。

2017年からはこの4t車がレジリエンスステージと移動となりまして。

 

中津川ソーラー 新しいリアライズステージ

2017年はこのようなステージへと。キャパ500人くらい?のステージかな。

ライブハウスでいうとクラブクアトロみたいなイメージです。

5th  レジレエンスステージ

中津川ソーラー レジリエンスステージ

キャパ的にはこちらの方が4番目、のような気がしますが、場所が少し離れているのと、階段を上がらないといけないため、勝手に5つ目のステージの位置づけにしました。

写真が見づらいですが、これはDJダイノジのステージです。

DJダイノジは中津川ソーラーと相性が良すぎですからね!

毎年読んでほしいです!2014年には相撲もやってくれましたからね!

中津川ソーラーの魅力 まとめ!

まずは3つ、ということにしてみましたがかなり長くなってしまいました…最後まで読んでくれたあなた、ありがとうございます!

どんどん人気が出てきて、参加者はとても多くなってきています。2018年は3万人を動員したとか。

2013年初開催の時はボランティアで参加させてもらったのですが、正直その年でこのフェスは終わりだと思っていました。

それくらい参加者は少ないフェスでした。

それでも「来年もやる!」と言い切った佐藤タイジさんの有言実行には心の底からリスペクトと感謝です。

ピースフルな雰囲気と熱気を両方兼ね備えた素晴らしいフェスにこれからも参加し続けます!

中津川 ソーラーBUDOKAN 開催日程と会場

【開催日程】

毎年9月の第3土日または第4の土日どちらかで2日間開催

※ 雨天決行(荒天の場合は中止)

【会場】   中津川中津川公園内特設ステージ

ABOUT ME
sunny
サニーのレポートブログ「サニレポ」運営者。調べることが好き。 詳しいプロフィールは → コチラ