邦楽

【椎名林檎】 丸の内サディスティックの歌詞を解説

この記事は椎名林檎の名曲「丸の内サディスティック」の歌詞に出てくる単語の意味を解説した記事になります。

以前バンドを組んでいた時にドラマーさんが

「丸の内サディスティックって曲の歌詞の意味がさっぱりわからん。ピザ屋の彼女ってなんだよ?ベンジーって誰だよ?」と言っていました。

僕はブランキー・ジェット・シティのファンで、椎名林檎さんがデビューした頃(1999年頃)ロッキング・オン・ジャパンなど雑誌を読んでいて、その当時の記憶がとても鮮明にあります。

彼女の歌詞の世界は今までの「歌謡曲」とは一線を画していて、「ベンジー」だとか「ピザ屋の彼女」だとか、意味不明な登場人物の名前が出ていたり。

というわけで、なかなかなじみのない言葉を出来るだけわかりやすく解説します。

「あーそういう意味だったんだ」となって友達に自慢できるようになるかもしれません。

それではまずは「丸の内サディスティック」の歌詞を確認します。

丸の内サディスティックの歌詞について

「丸の内サディスティック」は1999年に発売された椎名林檎さんのデビュー・アルバム「無罪モラトリアム」の3曲目に収録されています。(正確にはセカンド・シングルの「歌舞伎町の女王」のカップリングが初出)

椎名林檎の長いキャリアの中でもすっと歌われ続けていて、アレンジも沢山あり、プロ・アマ問わず多くの方にカバーされている名曲。

「丸の内進行」とも呼ばれる最強のコード進行や、シンプルな構成、メロディーも最高。名曲の条件を満たしている「丸の内サディスティック」

さらに一見意味不明で謎な歌詞も、理由のひとつですね。では、そんな不思議な歌詞を歌詞を確認してみます。

報酬は入社後並行線で
東京は愛せど何にも無い

リッケン620頂戴
19万も持って居ない 御茶の水

マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ
毎晩絶頂に達して居るだけ
ラット1つを商売道具にしているさ
そしたらベンジーが肺に映ってトリップ

最近は銀座で警官ごっこ
国境は越えても盛者必衰

領収書を書いて頂戴
税理士なんてついて居ない 後楽園

将来僧に成って結婚して欲しい
毎晩寝具で遊戯するだけ
ピザ屋の彼女になってみたい
そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って

青 噛んで熟って頂戴
終電で帰るってば 池袋

マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ
毎晩絶頂に達して居るだけ
ラット1つを商売道具にしているさ
そしたらベンジーが肺に映ってトリップ

将来僧に成って結婚して欲しい
毎晩寝具で遊戯するだけ
ピザ屋の彼女になってみたい
そしたらベンジー あたしをグレッチで殴って

歌詞 椎名林檎

一読して「これなんだろう?」と感じる言葉がいくつかありますね。それではそれらを一つ一つ解説していきます。

丸の内サディスティックの歌詞の単語を解説

それでは歌詞の中に登場する言葉。単語を解説していきます。

ギターの名前から楽器、人の名前、ブランキー・ジェット・シティというバンドの歌詞に出てくる登場人物など、かなりマニアックというかディープな内容になっています。

椎名林檎さんの好きなモノや人がたくさん表れているのだと思います。

  1. リッケン620
  2. マーシャル
  3. ラット
  4. ベンジー
  5. ピザ屋の彼女
  6. グレッチ

以上6つの単語を順に解説していきます。

1.リッケン620

リッケン620とは、リッケンバッカーと言うギターメーカーのモデル名です。

THE BEATLESをはじめ、イギリスのアーティストがたくさん使っている印象があります。

ギター・マガジンの表紙でジョージ・ハリスンが弾いているギターは「620」ではないのですが、見ての通り可愛らしいルックスをしており、専門雑誌で特集が組まれるくらい人気のあるギターメーカーです。

「オシャレでカッコよくて、人とはちょっと違った」ギターと言えます。

椎名林檎さんがこの曲を発表したのが1999年、歌詞を書いたのはおそらくそれよりもっと昔の話。

1990年代後半で19万ですから、かなり高価なギターといえます。10代の少女にはとてもじゃないけど買うことができない価格です。

2020年1月31日現在、税抜で\246,000します

日本のアーティストだと真っ先に思い浮かぶのが「ACIDMAN」のギター・ボーカル「大木伸夫」さん。

 

動画のサムネイルで弾いているギターがリッケンバッカーです。(この曲のイントロ大好き…)

「エレキギター博士」というサイトでとても詳しく解説されているので、興味のある方は是非読んでみてください。

そうそう、完全にイギリスの会社と思っていましたがアメリカの会社でした。

>> リッケンバッカー(Rickenbacker)のギターについて(外部リンク)

2.マーシャル

マーシャルとは、ギターの音を増幅する「アンプ」のメーカー名です。「ギターアンプの代名詞」と言ってもいいくらい有名なメーカーです。

例えるならアメリカンスタイルのバイク=ハーレーダビッドソンみたいな感じでしょうか。

「マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ」

 

「匂い」がするものなので、マーシャルのことを知らないと香水とかキャンドルとかそういったものをイメージするかもしれませんね。

続く歌詞は「寝具で遊戯」で、ちょっとエロティックな雰囲気があります。まさかギターアンプのメーカーとは思いませんよね…

ちょっと思いついたことなんですが、アンプって「ツマミ」「いじる」んですよね。えっとつまりそういうことかな?(すっとぼけ)

3.ラット

「ラット」とは、ギターの音を変化させるエフェクターの一種です。

「ラットひとつを商売道具」というのは「エフェクター1個だけでミュージシャンやってます」という意味でしょうかね。

アマチュアの人でも(僕でも)エフェクターは最低3つは使うので、かなり潔いスタイルだと言えます。

「無罪モラトリアム」の4曲目に収録されている「幸福論 悦楽編」のギターの音がそれに近いと思いますので、どんな音か気になる方は聞いてみてください。

 

かなり歪んだ音に変化させる「ディストーション」という種類ですね。後述するブランキーのギター・ボーカルも同じラットのエフェクターを使っています。

4.ベンジー

「ベンジー」とは元ブランキー・ジェッ・トシティ(以下BJC)のギター・ボーカル「浅井健一」さんのあだ名、愛称です。

ちなみにベンジーの由来は、1978年の映画「グローイング・アップ」の主人公のベンジー(イフタク・カツール)に似ていることから、ベーシストの照ちゃん(照井利幸)が名付けたそう。

「肺に映ってトリップ」=「心に思い浮かんできてしまう、同じ機材使ってるんだわ、イッちゃいそう!」という事でしょうか。

椎名林檎が「こよなく愛すアーティスト」としてたびたび名前が出てきます。(もう一人はレディオヘッドのトム・ヨーク)

1990年代を駆け抜けていった伝説のバンド、として紹介されることが多いです。

僕も友達の家で初めて聴いた時、瞬で心を奪われました。

>> ドキドキするようなイカれた人生に今も憧れている ブランキーの思い出

次に紹介する「ピザ屋の彼女」というのはBJCの曲の中に出てくる登場人物のことなんです。

5.ピザ屋の彼女

BJCの曲「ピンクの若い豚」に出てくる登場人物。

BJCの歌詞世界は「ブランキー市長のジェットみたいな街」という架空の街を舞台にした世界の出来事を歌詞にしています。

例えば地平線が国境の国だとか、フロントフォークが一番長いC.B.Jimだとか。アメリカのビートニク小説の舞台のような。

「ピザ屋の彼女になってみたい」=「ブランキージェットシティの住人になってみたい」ということかもしれません。

「丸の内サディスティック」が発表された当時は、ブランキージェットシティのシングル「ガソリンの揺れ方」のカップリングでしか聞けない曲でした。(コレがまたかっこいいんだわ。ほんとに。)

椎名林檎さんが相当BJC、浅井健一さんが好きだということが伝わってきますね。

椎名林檎さんはベンジーこと浅井健一にぞっこんですね。

そうすると、つづく「そしたらベンジー あたしをグレッチでぶって」と言う歌詞の意味もなんとなく分かる気がしてきませんか?

「グレッチ」=バールのようなものではありません。余談ですが、いつもロンドン・コーリングのジャケットを思い出します。

6.グレッチ

グレッチとはベンジーの代名詞ともいえるギターのメーカーです。

正確には、グレッチ社のテネシアンというモデルですが、通称「グレッチ」ということですね。

ベンジーを象徴するアイテム=ベンジーそのものともいえます。

このギターでぶたれたいという心理はなかなかぶっとんでいます。

十代の頃からこんな歌詞が出てくる椎名林檎の独自性はどこからやってきたのでしょうか…

どんな形であろうと彼とつながっていたい、触れたいという気持ちの表れが「グレッチで殴って」という印象的な歌詞となってでてきたのではないでしょうか?

まとめ

椎名林檎の丸の内サディスティックの歌詞に出てくる単語の解説でした。いかがでしたでしょうか?

他にも「警官ごっこ」とか「青 噛んで 熟って(あおかんで行って)」とか、わかるようなわからないような言葉選び、言葉遊びがあって、それがまたこの曲の魅力の一つになっています。

ブランキー大好き、ギターも弾く僕からするとこの曲は「ベンジーへのラブレター」と解釈しました。

たった一人のあこがれのアーティストへ向けれられた言葉、曲だからこそ、名曲なのかもしれませんね。

いい曲だよなぁ…!

これらの意味を全て知っていたあなたはかなりの音楽通で、ブランキーが大好きでしたね?

カラオケやドライブ中に丸の内サディスティックが流れてきたら、ぜひぜひ意味を一緒にいる人にに教えてあげてください

この記事の内容はあくまでも僕の個人的な考察になりますのでご了承ください。

宇多田ヒカルの歌う丸の内サディスティック

2018年5月23日に発売される椎名林檎のトリビュート・アルバム「アダムとイヴの林檎」で宇多田ヒカルさんが「丸の内サディスティック」をカバーする!ので滅茶苦茶楽しみです!

ジャズ的なアプローチでものっすごいかっこいい仕上がりになっていますよ!

ABOUT ME
sunny
サニーのレポートブログ「サニレポ」運営者。調べることが好き。 詳しいプロフィールは → コチラ