iPad iPhone

最強のメモ帳とはiphoneのことである。ほぼ日手帳7年目でデジタル移行を決意

こんにちわ。ほぼ日手帳歴7年目でほぼ日手帳からの引退を決めたサニーです。

ブログを初めて3カ月、メモの重要性を改めて感じた今日この頃。

高めの手帳カバーを買ったこともあってほぼ日手帳を使ってきましたが、iphoneのメモ帳機能に完全に移行することにしたのでその理由をここにまとめてみました!

 

何故メモ帳が必要なのか?

 

私は記憶力がいい方ではありません。財布を置き忘れたこともありますし、シャンプーが残り少ない事に風呂に入る度に気づいたりします…。

特にブログを書くようになってからは「あれなんだっけなぁ…ブログのネタになったのになぁ…」と思ったけれど思い出せないことが多数。

仕事の打合せや電話対応、やることリスト、今後のスケジュール等…行ってみればどれもこれも「メモ」とも言える。

メモに書くことで「忘れない」というよりは、「もう一度見返すことで思い出す」ためのツール。

さらに書いたことでそのことはいったん忘れて「頭を空っぽに出来る」ことも自分にとっては楽でした。

仕事は段取り9割、なんだって準備は大切だと言いますが、「なにをするか」という最も基本的なところを繰り返し確認するために「メモ帳」が必要なんです(少なくとも私には)

 

最強のメモ帳の条件とは

 

 

メモに求める事柄は何か?

それは「あとから見直すこと」

なんの為にメモを取るかと考えたら、それが最も重要。

一度書いたら忘れないから、という記憶力がとんでもない人もいるかもしれませんが…。

じゃあ、あとから見直した時に重要なことは一体何だろう?と考えた時に条件が出てきます。

  1. いつでもどこでも見直せる
  2. 持ち運びが容易
  3. 字がキレイでみやすい

 

以上3つを兼ね備えたメモ帳が「私の考えた最強のメモ帳」の条件になりそうです。

 

iphoneのメモ帳が最強では?

 

1.いつでもどこでも見直せる

 

ほぼ日手帳は小さいとは言え、ポケットに入れて持ち歩くには流石に少々大きい。

いつでもどこでも、となるとやはり「iphone」かなと。

スマホを持ち歩かない時って本当にない。風呂の時以外肌身離さず持っています。

 

2.持ち運びが容易

 

小型の手帳ならば持ち運ぶの楽ですし、ぱっと見開いて探すこともできるので視認性も良い。

ただ問題は休日。休日まで手帳を持ち歩くことはなかなかしない…。

持ち運びが容易という点でも「ipone」の方が軽いし小さいのは否めません。

 

「字がキレイで見やすい」

私は自分で書いた字を後から見返したときに「なんて書いてあるんだコレは…」となります。

丁寧にゆっくり字を書けばそれなりにキレイに書けないことも…ない…。

しかしやはりPCやスマホの文字には適いません。

ここもやはり「iphone」に軍配があがります。あがりませんか?

 

メモ帳 マイク機能を使うのが楽

 

 

手書きのフリック入力でもいいのですが、頭に思いついたことをそのまま喋るスタイルも楽。

 

 

画像のマイクボタンを押すとマイク入力画面になります。

 

[aside]
「改行」と言うと改行してくれます。最初はちょっとなんか恥ずかしい…///
[/aside]

マイクの精度が結構すごくて、活舌よく喋るのを意識すれば漢字変換もほぼばっちり。

 

この記事はメモ帳ありきで書きました。

 

 

自分の字でこれだけキレイに書くのははっきり言って無理!

これは仕事中のちょっとした合間に2分くらいで喋ってメモしたもの。

ん~便利すぎる。もう紙媒体には戻れないなぁ…

 

頭の中だけで文章を組み立てるのは実は相当大変なこと。

「誰」に「何を」伝えたいのか。

「わかりやすい文章」になっているか。

それを補助してくれる道具でもあるのがメモですね。

以上!サニレポでした!

ABOUT ME
sunny
岐阜 大垣を中心とした西濃地方を中心とした地域ブログ「サニレポ」を運営しています。 音楽と本、使ってよかったモノのレビューもしています。 詳しいプロフィールは → コチラ