ライブレポート

高木正勝 原田郁子 ソロピアノコンサート@浜松市天竜壬生ホール

「世界が尊敬する100人の日本人」の1人に選ばれたアーティスト「高木正勝」

孤高のバンド「クラムボン」のヴォーカル&ピアノ「原田郁子」

この2人が揃って出演するソロピアノコンサートに参加してきました!

ピアノだけのコンサートって十何年ぶりでしたが、非常に満足度の高いコンサートでした!

ピアノって素晴らしい楽器だなぁと改めて再確認

そして、ピアノ・ミュージックの良さ、その魅力が伝われば幸いです^^

Quiet Hill 2017 SOLO PIANO CONCERT

原田郁子 高木正勝 コンサート フライヤー

Twitterでたまたま知った今回のコンサート

全席指定で「400名限定」という非常に貴重な機会となりました

Quiet Hill 2017 2017 SOLO PIANO CONCERT 公式HP

ホームページもチカラ入ってました

前情報を殆ど知らなかったのですが、訪れた印象は「非常にオシャレな空間」でした!

正直こんなイベントが開かれている浜松市が羨ましい…!

手作り感溢れるフラッグ

会場に着くと飲食ブースは既に人で賑わっていました

なんか開場にいる人みんなすっごいオシャレな方々ばかりで、なんだか自分もオサレになったような気分

原田郁子 高木正勝 コンサート 入場シール

入場の際にこんなかわいらしいシールを貼っていただきました

「ディジュリドゥ」奏者のGOMAさんの絵画も展示されていました

点描画ってやつなんですが、グラデーションが本当美しい…

小さい作品は販売もされていました。壁に飾るのもオシャレでいいかもしれません

ちなみにGOMAさんのバンド「GOMA&The Jungle Rhythm Section」のグルーヴはヤバいです

頂も行きたいなぁー

そんなこんなで開場、開演

原田郁子 高木正勝 コンサート プログラム

最初に原田郁子さんのソロ。50分の予定

その後に40分程の休憩を挟んで高木正勝さんのソロ。1時間程の予定

原田郁子 Quiet Hill2017 ソロピアノ セットリスト

原田郁子さんのソロ名義で出されているアルバムの曲からの演奏が主な内容でした。

[aside type=”boader”]セットリスト

  1. ワルツ
  2. ピアノ
  3. やわらかくてきもちいいかぜ
  4. ユニコーン
  5. drifter(キリンジ カバー)
  6. 銀河
  7. 君は僕の友達

[/aside]

開場の照明が落ちてもうそろそろかな?と思っていたところにステージ袖から「ひょっこり」現れた原田郁子さん

そのままピアノに座って1曲目「ワルツ」を弾き始める

1枚目のソロ・アルバム「ピアノ」に収録されている、インスト・ナンバー(というかピアノ曲)

クラシックな雰囲気ながらも迫力のある展開が魅力的な楽曲

続いてケモノと魔法に収録されている「ピアノ」

クラムボンともまた違う、彼女の音楽世界へと連れて行かれます

ここでいったんMC。全国を飛び回る中、ずっと気になっていた「川」が会場近くの「天竜川」だというお話で会場の空気が和みます

浜松市は「YAMAHA」の本社があるピアノと縁の深い場所。聖地といってもいいのかも

続いて蒼井優主演の映画「100万円と苦虫女」の主題歌にもなった「やわらかくてきもちい風」

生で初めて聞くと、サビの気持ちよさが本当にいい楽曲でした

続いて「友部正人」さんに歌詞を依頼したという「ユニコーン」

「年齢を重ねるということはどういうことか?」という事をテーマに書かれたそう

ゆっくりとつぶやくように歌われました

続いてキリンジの大名曲「Drifter」のカバー!

個人的にこの曲が聞けたので来たかいがありました!ってくらい好きな曲。

キリンジのバージョンも素敵なんですが、原田郁子さんのカバー・バージョンがシンプル極まりなくてすごくいいいんです!

からの忌野清志郎さんとの共作「銀河」へ…

なにこの流れ…最高すぎるんですけど…

この曲は忌野清志郎さんが生前最後にレコーディングされた曲だそうで…

2017年の中津川ソーラーで最後に演奏された「雨上がりの夜空に」とも繋がる…と勝手に思っていました…

そして「アンコールの体で(笑)」とそのままラストの曲へ

「なににしようかな?」と選ばれた曲は「木綿のハンカチーフ」でおなじみの太田裕美さんに歌詞を提供し、作曲は「ハナレグミ」の

「きみはぼくのともだち」という曲

始めて聞いたんですが滅茶苦茶いいですね…

太田裕美さんも歌すっごいうまいなぁ

またひとついい曲と出会えました!

ここで長めの休憩をはさんで、高木正勝さんのライブへ続きます

高木正勝 セットリスト

高木正勝 セットリストと書いておきながら、ほとんど曲わかりませんでした…

2017年の3月にソロモン諸島へ旅行へ行った際に「全体性」という言葉を体感したりしたそうで

それから日記的なものを録音したシリーズを配信し始めていました

「Marginalia」という曲のシリーズ

https://takagimasakatsu.bandcamp.com/

↑バンドキャンプというサイトで配信しています。視聴可能。どれもいい曲ばかり…

コンサートは実験的な感じで、これらの曲を演奏されました。

高木正勝さんのコンサートは初めての経験でしたが、そのテクニックとスケール感はすごいの一言…

ピアノ曲は普段からも聞いていますが、本当に生演奏の迫力は凄かったです…いいモノ見た…!

心地良すぎて少し眠りの世界に入りかけましたね(笑)勿体ない。

「波の音とか、虫の声とか、世界が鳴らしいる音に自分の音楽を合わせてみたい」という趣旨の事を仰っていて、自然と同化したような音楽を今は追及されているのかなと。

本当に心地よい素晴らしい体験でした

アンコールで代表曲「girls」がリクエストされて嬉C!

本当に美しい…

その後、原田郁子さんをステージに招き入れ、2人のスペシャル・セッション!

動物の鳴き声をまねたり、「アゲハ」と言う曲を会場のみんなで歌ったりと、和気あいあいとした空気に

壇上の2人が子供みたいに楽しんでいたのがとても印象的でした…!

この2人のセッションの音源が「TO NA RI」というシリーズで販売されています

この音源の5曲目、6曲目がそのまま今回も演奏された感じですね

この音源は2010年に発売されたものですが、僕の愛聴盤となっています…。滅茶苦茶オススメ!!

この会場に来ていた400名の方は全員買いましょう(笑)

まとめ

いつか一度は聞いてみたいと思っていた高木正勝さんのコンサートを、原田郁子さんとの共演という形で初めて見られてとても貴重な体験が出来ました…

企画してくれた団体さんに感謝。ありがとうございます!!

ピアノという楽器の良さは色々ありますが、その美しさと音色はほかのなにものにも代えがたいですね…

ザ・ピアノエラというイベントが来月東京であるのでそれにも参加したいなぁ…

世の中には未知の素晴らしい音楽が沢山

生きている間に出来る限り触れたいです

以上! サニレポでした!

よろしければクラムボンのライブレポート合わせてどうぞ

[kanren postid=”2799,1102″]

 

ABOUT ME
sunny
岐阜 大垣を中心とした西濃地方を中心とした地域ブログ「サニレポ」を運営しています。 音楽と本、使ってよかったモノのレビューもしています。 詳しいプロフィールは → コチラ