仕事のミスを報告するのは嫌だけどそうも言ってられないよね。でも切り替えよう!

スポンサーリンク

 

あぁあああああやっちまったよぅ~ミスしてしまったあぁあああサニー(@sol1963re)です。

一言でいうなら「確認不足」

「まぁいっか」で進めてしまったのが原因。

「確認した方がいいのでは?」と思いつつも「大丈夫ですよこれで」という声に「まぁいいか」とそのまま進めたら仕様と合ってない…との取引先からの連絡…

うーん、その場ではどうにもならないから上司に報告するしかないのだけれど、これが嫌。

誰だって嫌に決まってる。でも嫌で済まないのが仕事ってもんで。社会人ってもんで。

あ、この記事は個人的な事をブログに書いて、少しでも前向きになろう!という試みです^^

テーマは「切り替えよう!」

 

何故心が落ち着かないのか…

 

ミスが発覚してもちろん空気は悪くなる。

「僕ぁ悪くないし…ちゃんと確認しようって提案したし…」という心持ちになることが出来たら気が楽なんだけれど、チームで仕事していたから連帯責任。

「大丈夫ですよ」と提案したのは同じ立場(平社員)だから、誰が悪いと言えばそいつが悪い(おい)。

そんな空気が流れる中、もうひとりの同僚が毅然とした態度で取引先と連絡を取る…。

そして上司にもしっかりと報告。

当たり前の行動かもしれないけれど、堂々としたその態度が僕にはないもの。

自分の場合だったらどうだろう?と考えてみたけれど

  1. とにかく現状を正直に話す
  2. とにかく確認をするべきだったことを報告
  3. 何故確認しなかったか?をうまい事はなす(言い訳)
  4. 何かいい知恵がないか相談する(責任者にバトンタッチしたい)
  5. この案件はこの案件、という事できっちり処理する

 

頭ではわかっているけれど、これを上手く言うのがなんか苦手…

チキン・ハートなので考えている時点で気がどんどん重くなるし、帰社したくなくなるし…

「怒られるから嫌」というの気持ちもあるし、「自分がそんなに悪いのか?」という気持ちも無くはない…。

 

スポンサーリンク

やっちまったもんは仕方がない。切り替えよう!

 

性格と言ってしまえばそれまでだけれど、そういう時(ミスした時)に自分の思想は「逃げ」の思想にどうしてもなってしまう…。

それを何とか乗り越えて、葛藤を繰り返して、最後に勇気をふり絞る。

それがもうストレス。

その日は1日中気分は落ちるし、何なら翌日もブルー。

案件が解決するまではなんかずっとそんな気持ちになる(時もある)。

でもそれって

時間の無駄じゃね?ってこの記事書いてて思うよう。

よし!切り替えよう!

 

ミスしたことで得られたものは何か?

 

切り替えるのも大事だけれど、もうすこしだけ掘り下げて考えてみよう。

物事には全て表と裏がある。

何かを手に入れるという事は、何かを手放すという事だ。

等価交換の法則だ。(映画が心配だ)

さて、それでは僕は「ミスをして憂鬱な気持ち」を手に入れて、何を失ったんだろう?

逆に言えば「平穏な気分」を失って、何を手に入れたんだろう?

ミスをしなければ、それなりの満足感は得られていたかもしれないけれど

こんな風に見つめなおして考えることは無かったかもしれない。

その場では反省するかもしれないけれど、人間って忘れていく動物だから、同じミスを繰り返してしまう…。

こうして文章に書くことで、「視覚的に振り返る」事が出来た。

結局人にどれだけ言われたって、自分で考えて強くと思わないと意味ない。

「継続は力なり」っていうけれど、それは「どれだけ自分との対話を繰り返したか?」「自分の頭で考えたか?」という事なのかもしれない…。

そういえば僕は深く考えたことなかったなぁ…

ミスをすることで、そしてそれを文章にして書くことで「気づきが得られた!」という事にしよう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ミスはする。誰だってする。そんなことはみんな知っている。

僕はたまたまブログを始めて、自分の考えていることを文章のカタチにして(日記見たいなものなのでもう少しレベルアップしたい)視覚的に見ることで、「気づき」が得られた。

根本的な解決にはなってない(性格面、チキン・ハート)けれど、それでも最初の一歩だと思う。

何だって自分次第なんだよなぁ…。

楽観的ですかねぇ?

 

おまけ 気分を切り替える為に何はともあれ音楽を聴いてみよう。

 

宇多田ヒカルの「Goodbye Happiness」

 

こういう軽くてリズムが良くて明るいっていいよね。

ありがとう宇多田ヒカル。

宇多田ヒカルの歌はあれですね、コーラスが最高ですね。

元気でたー!

以上!サニレポでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「情報を集めることが大好き」なレポーターのサニーです。 「岐阜」「趣味」「働き方」「ライフスタイル」をテーマに情報を発信しています。 詳しいプロフィールは → コチラ
   data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください