ブログ運営

ブログに何を書いたらいいんだろう?

ブログに何を書いたら良いんだろう?

何を書くのかも決めずにブログを開始した。見切り発車もいいところだ。

何を書いてもいい。何を書いてはいけないということはない。

どこまでも自由で個人的な営み。ただ、誰かに読まれることを前提にした日記みたいなものなのは間違いない。

  1. 誰に
  2. 何を
  3. どうやって

5W1Hのうちのこの3つが大事だと思う。でもそれすらも決まっていない。

ここから下の文章は、歩道橋で詩集を売っているような文章です。

ただただ自分のことだけを書いている、文章を自分の表現の場か何かと思っている、ろくに勉強もしていないひどい状態です。

原点、記念、戒めとして、あるがままに、なにも手を加えておりません。

いつか自分が読み返す事があるかもしれない。無いかもしれない。

ただ、自分でドメインをとって、WordPressを使って自分のweb媒体を作って、月々いくばくかのお金を払ったことは事実です。

この記事は僕がブログをスタートして最初の記事です。

ワードプレステーマを「STORK」から「JIN」へ変更したので一部手を加えています。

何を書いたらいいのかを考える

whtat should i write?

ブログを書いていくに当たって、さて一体自分は何が書けるだろう?と考えました。

真っ先に浮かんだのは「読書」です。じゃあ、読書って一体なんだろう?

 

google 検索 読書 定義google検索より。

 

読書の定義は「書」を読む事だそうなので、漫画や雑誌は省かれるのかな?

本を読む事はライフワーク。ほぼ毎週図書館に行って面白そうなタイトルの本をジャンル関係なく読みます。

歴史、建築、民俗学、小説、エッセイ、海外、仏教、整理収納、などなど…

そこには新しい発見がある時もあれば、あまり自分には有用でないときもあります。

それはそれで良し。そういった本との出会いも楽しみの一つ。

iPhone で電子書籍を、PCでもweb記事を読む…?

とにかくいつも何かしら読んでいます。移動中、休憩中、食事中、布団の中、トイレでもそう。

そう考えると「読書」というよりは「情報を仕入れる」ことが好きなのかも知れません。

ネット上のニュースや記事も興味深いものはそれについて考えることが多いです。

そしてそれに関してまた調べたり、関連書籍を探してみたりします。

そう考えると「知識欲」「より知りたい」がために「調べて」、その結果「本を読む」ことが好きなのかも。

当たり前かもしれませんが、つまらない本は最後まで読まないし、興味のない記事は最後まで読まないことが多い。

知らないことを知りたい。

一言で言うとこういうことになるんだと思います。

ここまでくるとちょっと哲学?というジャンルになるのでしょうか?

ブログは以前からずっと作っては続かずに閉鎖してまた違うサイトで作っては…ということを繰り返してきました。

色んな事に興味を持ってとりあえずはやってみるタイプの人間なのですが、なかなか身につかず…。

その中でも本を読むことと、音楽(聞くこと、楽器、ライブ参戦)はかれこれ20年近く続けてこれています。

そしてブログも何度もやめては今回また新しく立ちあげました。

文章を書くことが実は好きなのかも知れません。

それは今後このブログが続くかどうかで決まる事かと思っています。

とりとめのない記事になりました。これが今現在の私の文章力なのだと思います。

これを後日見返して、自分がどう感じるのか、この文章から何を学ぶのか、何も得られないのか?

ABOUT ME
sunny
サニーのレポートブログ「サニレポ」運営者。調べることが好き。 詳しいプロフィールは → コチラ