【岐阜・関市】おいしい水だしコーヒーを誰でも簡単に作るには

スポンサードリンク

コーヒーは甘めが好きなサニーです。

水だしコーヒーってやつは何故あんなにまずいのか?

常々疑問に思っていたんですが、最近たまたま訪れたコーヒー豆専門店でお話を聞いて、なるほどなぁ?と思わされました。

とても熱心な店主さんで、知識も豊富。

実際に試飲もさせていただきとても美味しかったので購入しました!

相方さん(嫁さん)がすごく喜んでくれました!

「おいしい水だしコーヒー」が「誰でも簡単に」作れる唯一の方法ってこれしかないんじゃないかな?

 

おいしい水出しコーヒーの作り方

 

あくまでも私個人の体験と実感によるものですが、それは

「専門店で水だしコーヒー専門ブレンドのパックを買う」

以上!

とここで記事が終わってしまうので、何故こういう考えに至ったか?について以下書き綴っていこうと思います。

私はただのいちコーヒー好きですが、特にこだわりがあるわけではありません。

ですが市販の缶コーヒーとか「正直まずい!」と思っています。

特にブラックコーヒーやあまりにも安い缶コーヒー等は飲めません。

麦茶の味がします。しませんか?

家では焙煎してもらった豆を挽いて淹れるか、ドリップコーヒーを飲んでいます。

コーヒーって不思議なもので、淹れ方で味が全然変わるんですよねぇ…。

素材が同じでも味が違う、ってのはよくよく考えたら当たり前なのかそうじゃないのか?

少なくとも自分が淹れるコーヒーは毎回味が違うことは確かです(笑)

 

スポンサーリンク

「誰でも簡単に」作るにはどうしたらいいか?

 

私が訪れたお店のブログがあったのでのぞいてみました。

アイスコーヒーを作るのに向くコーヒーというものがあります
それは、例えば深煎りである場合もあれば、中煎りや浅煎りである場合もあります
しかしながら、それを水出しコーヒーにした時、それが水出しコーヒーに向くかどうかはまた別の話になります

珈琲螺房 ブログより引用

 

深煎りと浅煎りの違いもよくわかっていませんが、

アイスコーヒー=水出しコーヒーという式は成り立たない

という事かと。

そもそも、熱いお湯で抽出して作るアイスコーヒーと豆を細かく挽き冷蔵庫内でじっくり抽出する水出しコーヒーとでは、根本的に作り方も違えば、味わいも違い、更に水出しコーヒーは、長時間持たないといけません
通常の深煎り豆を使ってアイスコーヒー又は水出しコーヒーを作る場合、長時間経つと酸味が出てきて日数が経つ毎に嫌な味わいになってしまいます
熱いコーヒーを冷ましたもの = アイスコーヒー
水で抽出するコーヒー = 水出しコーヒー

多分今まで飲んでいた水出しコーヒーって、根本的に豆の挽き方とか煎り方から違っているらしい。です。

要するに、「水出しコーヒーには水出しコーヒーの為の煎り方やブレンドがある!」ってことらしい。

当たり前といえば当たり前の話?

 

水出しコーヒー専門ブレンドを実際に試してみた。

 

という訳で実践。

 

1週間経っても美味しい水出しコーヒー専用ブレンド。

これ以上ないくらいストレートなネーミング。

80gで¥600-だったかな?これで1000ml作れる。1杯100mlと考えたら10杯分。

1杯¥60。全然アリですね。

 

 

家に丁度いい入れ物がありました。

水の量はかってパック入れるだけ。

テクニックとか何もいりません。

 

 

12時間後。

なんかうすぃかなあ?ということでもっと抽出してみることに。

 

 

24時間後。

ちょっと濃いかなぁ?

でも某フリマで買った水出しコーヒーは滅茶苦茶薄い色だったからこれくらいがいいと思う!

コーヒーってこれくらいの色なはず!

 

 

頂きます!

うん、えぐみがない!酸味もない!コレおいしいやつや!

今まで飲んだ水出しコーヒーの中で間違いなく一番美味い!です。本当に。

「薄い、えぐい、すっぱい」つまり不味い…

「なんかぬるっとしてる…?」これがまろやか…ってことならいらんわ!

ってのが今までのイメージでした…。

が、水出しコーヒーのイメージが変わりました。

たまたま訪れたお店でしたが、相方さん(嫁さん)にも大好評でしたし、おいしく飲めたしラッキーでした。

そもそもコーヒーの味って「好み」が占める部分がとても多いと思うのですが、私には非常に美味しかったです。

ありがとう!珈琲螺房さん!

以上!サニレポでした!

 

スポンサーリンク

珈琲螺房 詳細情報

 

住所 岐阜県関市山田119-1

TEL 0575-48-0533

mail coffeelabou@gmail.com

営業時間  10:00~19:00
定休日   月曜日
駐車場    7台

 

スポンサードリンク 

ABOUTこの記事をかいた人

サニーと申します。 岐阜のこと 音楽 本 趣味 ライフスタイルを発信しています。 詳しいプロフィールは → コチラ
   data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です