将棋

【将棋】「寄せの手筋200」と「ぴよ将棋」で終盤力を鍛える勉強! 目指せ初段!

あいも変わらず下手の横好き将棋ウォーズ級位者のサニーです

「寄せの手筋200」の問題をぴよ将棋で作って問題を解いているのですが、毎度毎度作るのが面倒…

そこで思いついたのが「あれ?これ保存しておけばいいんじゃね?」と

そこで「寄せの手筋200」の問題を「ぴよ将棋」に保存して何度も解いて勉強する方法を紹介します

終盤力アップ間違いなしの「寄せの手筋200」を使いこなす手段です

ぴよ将棋で盤面を作る

[kanren postid=”398″]

↑ ぴよ将棋で盤面を作り、対戦するところまではこちらの記事を参考にしてくださいませ

ぴよ将棋 - 本格派対局将棋
ぴよ将棋 – 本格派対局将棋
開発元:Keitaro Honda
無料
posted with アプリーチ

クラウドに保存すれば後々便利!

私は「ぴよ将棋」では棋譜解析を行っているので、ファイルがどんどんたまります

アプリ内で棋譜ファイルを保存することも可能ですが、クラウド上でフォルダを作って順番通りに保管したほうが良いと判断し、「クラウドに保存」する方法を採用

クラウドは「Drop Box」を使用しています

Dropbox
Dropbox
開発元:Dropbox
無料
posted with アプリーチ

[aside]補足
icloud、Google Drive、でも保存はできますが、何故かダウンロードができませんでしたので、今回はDropboxを使いました
[/aside]

それでは実際にクラウドに保存する方法を紹介します

ぴよ将棋で棋譜ファイルをクラウドに保存する方法

[aside type=”boader”]
盤面を作り、問題を解いた状態メニューボタンを押してください
[/aside]

[aside type=”boader”]
メニュー画面が開きますので、赤枠の「棋譜ファイルを他のアプリに送る」をタップ
[/aside]

[aside type=”boader”]
上の画面になりますので、赤枠の「Dropboxに保存」をタップ
[/aside]

[aside type=”boader”]
Dropboxの画面になりますので、赤枠の「個人用」をタップ
[/aside]

[aside type=”boader”]
保存したいフォルダの場所を選んでタップ。右下の「選択する」でもOKです
[/aside]

[aside]補足
フォルダをあらかじめ作っておくと楽です。フォルダ作成はDropboxから行います
[/aside]

[aside type=”boader”]
フォルダを選択したら、右下の選択するをタップ
[/aside]

[aside type=”boader”]

フォルダが選択されたので、右上の「保存」をタップしたいところですが、ファイル名が日付になっています

ここで変えてしまったほうが後々楽ですので、変えてしまいましょう

[/aside]

[aside type=”boader”]
ファイル名をタップすると名前を変えられます。キー入力で消去して新しい名前を入力
[/aside]

[aside type=”boader”]

名前は何でもOK。シンプルに「第1問」にしました

名前を変更したら、保存をしましょう

[/aside]

[aside type=”boader”]
これで保存完了です! 保存作業は慣れれば20秒もかからないとかと
[/aside]

ぴよ将棋でクラウドに保存したファイルを読み込む

[aside type=”boader”]
トップ画面に戻り、赤枠の「クラウド読み込み」をタップ
[/aside]

[aside type=”boader”]

デフォルトではicloudが選択されるようです

左上の「場所」をタップするとこの画面になるので、赤枠の「その他」をタップ

[/aside]

[aside type=”boader”]

「場所を管理」の画面が出てきますので、Dropboxのところをスワイプ

そのちょっと右上の「完了」をタップしてください

[/aside]

[aside type=”boader”]
選択画面にDropbox」が出てきますので、そちらをタップ。
[/aside]

[aside type=”boader”]
またこの画面になりますので、左上の「場所」をタップ
[/aside]

[aside type=”boader”]

先ほど保存した場所を選んでタップ

ここに問題をすべて保存できれば、いつでも呼び出せます。それがクラウド保存の狙い!

[/aside]

[aside type=”boader”]
好きな問題を選べば、ダウンロードが開始され盤面が再現できます
[/aside]

[aside type=”boader”]

棋譜の読み込みが完了しました!

ここまで合計6回タップしないといけないので少々面倒ではあるのですが、1から盤面を作るよりはよっぽど楽…!

[/aside]

 

メニュー画面から対局再開すれば、コンピュータと対戦もできます

ちなみに手を間違えると「かなり調子いいぴよ!」とか言ってくるので間違った場合はすぐわかります(笑)

自分で相手の駒を動かして考えるのも良いかと

局面を保存するならずっと使える

正直少々手間ですが、こうして保存しておけば

「いつでもどこでも問題が解ける」

「なんども繰り返し問題が解ける」

この2点のメリットは相当でかいと思います

通勤電車の途中、昼休み、歯を磨いている間、ちょっとした空き時間等々

将棋って、対戦を繰り返すだけではなかなか強くならないもの

逆に言えば、勉強すれば必ずある程度結果は出てくるものかと

デメリットは正直入力が面倒!なのは否めませんが、それを補って余りあるメリットですねぇ

[aside]補足
何度もやってたら慣れるものですねこういう類のものは
[/aside]

最初は「寄せの手筋200」の解説を読みながら解いていき、盤面を見ただけですぐにわかるレベルまで行けたら相当強くなるんじゃないかな?

将棋ってやっぱり「記憶力」が相当大事な要因

それを鍛えるには「反復練習」が最も効果的なのは間違いない!

「勉強」と堅苦しく考えずにまずはやってみて!

「はえーこの盤面で、手持ちの駒これだけで必至かかるんだ?」となって正直楽しいですよ!

(本気なら将棋盤を買ったほうがいいに違いない!という突っ込みは置いておきましょうかね…)

アパート住まいには正直置く場所がなかなか、ね…

「詰将棋」や「棋譜ならべ」も効果的と聞いたので、そちらも何か工夫できたら、と思います

以上!サニレポでした!

ABOUT ME
sunny
岐阜 大垣を中心とした西濃地方を中心とした地域ブログ「サニレポ」を運営しています。 音楽と本、使ってよかったモノのレビューもしています。 詳しいプロフィールは → コチラ